スライサーの選び方

ミートスライサーを使用することで、効率よく簡単に、様々な種類の肉やソーセージを大量にカットすることができます。調節可能な大型の回転刃などの刃物や、一切れ一切れを均等にカットするためのスライド式食材プレートが搭載されています。 使用者の安全を確保しながら、食材の厚みを正確に管理したスライスが可能。また、生産性を上げ、コスト削減を実現します。

ミートスライサーを見る

  • ミートスライサーはどう選ぶか?

    ミートスライサーを選ぶための基準:

    • スライスする食材
    • 使用頻度
    • スライス高
    • 回転速度
    • スライス厚
    • 出力
    • 手動か自動か

    ミートスライサーを選ぶ際には、スライスする食材に気を付けましょう。 例えば、肉の種類(生肉、食肉加工品など)、大きさやスライスする量などを確認する必要があります。 ミートスライサーは肉に限らず、刃を交換するだけで、パンやチーズ、冷凍食材にも使用できます。

    使用頻度も重要です。 使用頻度が高い場合、丈夫で長持ちするスライサーを選びましょう。

    スライス高にも注意が必要です。食材の大きさに合った刃をびます。

    最も大きい食材に対応した刃の直径を選ぶとよいでしょう。 最も一般的な刃のサイズは、250mmから370mmで、大小さまざまな食材に対応しています。 スライサーを肉以外に使用する場合は、刃の交換が必要です。パンにはギザギザ刃、チーズや食肉加工品には、非付着性の刃を使用します。

    回転速度は、切れ味に影響します。 速度が速いほど、切り口はきれいになります。 一方、刃が大きいほど、回転速度は低下します。 しかし、最近の電動スライサーは、強力なモーターを搭載しているため、正確な切れ味を実現することができます。

    スライス厚も重要な要素で、大半のスライサーは、厚さの選択ができます。

    また、スライサーのパワーも考慮する必要があります。 強力なスライサーはより高速で効率的です。

    手動自動かは、使用頻度やスライスする量で決めます。 使用頻度が低く、少量の場合は、手動スライサーで十分です。 使用頻度が高く、大量に使用する場合は、自動スライサーがおすすめです。

  • どのタイプのスライサーを選ぶべきか?

    スライサーには、手動スライサーと自動スライサーの2種類があります。

    Dadaux社の手動ミートスライサー

    Dadaux社の手動ミートスライサー

    手動ミートスライサーは、最初に発売された機械で、特に食肉加工品には今でも使用されています。
    ハンドルを上下に動かしてスライスする、簡単な操作方法です。

    長所 :
    手動なので、電気を必要とせず、経済的です。
    チーズも食肉加工品も、刃を交換することなくカットできます。
    自動スライサーに比べてメンテナンスが簡単です。無理なく分解して洗浄できるため、衛生面でも安心です。
    コンパクトで使用時も静かです。

    短所 :
    このタイプのスライサーは、高い生産能力を必要とする業務用途向きではありません。

    FINOVA社の自動ミートスライサー

    FINOVA社の自動ミートスライサー

    自動スライサーは電動式です。 食材トレーやバネを使った自動肉送り装置により、大量生産に対応できます。
    半自動スライサーの中には、食材トレーと手動調整オプションを組み合わせたものもあります。
    完全自動式のスライサーには、スライス数を正確にプログラムすることができるものもあります。

    長所 :
    より速く効率的に作業することができます。
    手動スライサーよりも多くの種類の肉をスライスできます(生肉、冷凍肉、柔らかい肉など)。
    肉以外にもパン、チーズ、冷凍魚などをカットできるように、数種類の刃がついたものもあります。
    また、手を切らないようにするための安全装置も備えています。

    短所 :
    自動スライサーは、手動のものより高価なため、業務用向けです。

  • 縦型と傾斜型のスライサーの違いとは?

    スライサーには、縦型傾斜型があります。 その違いは、刃の角度にあります。

    ABM社の縦型スライサー

    ABM社の縦型スライサー

    刃が食材プレートに対して垂直になっています。 食材を片方の手で刃に押し付けて、もう片方の手で、切った食材を容器に移します。

    長所 :
    縦型スライサーは、正確で均一にスライスできます。
    傾斜型スライサーに比べ、場所を取りません。
    生肉のスライスにおすすめです。

    短所 :
    スライスした食材を手で容器に移すため、怪我をするリスクが高くなります。

    MAINCA社の手動傾斜型スライサー

    MAINCA社の手動傾斜型スライサー

    刃や食材プレートが45°に傾斜しています。 そのため、肉は自動的に刃の方へ押され、スライスされた肉は、自然に容器に落ちます。

    長所 :
    使いやすさ。
    使用者への負担の少なさ。
    スライスした食材が直接容器に落ちるため、手で食材を容器に移動させる必要がなく、より安全に使用することができます。
    チーズや食肉加工品、野菜やパンのスライスにおすすめです。

    短所 :
    縦型スライサーに比べて大きいので、場所をとります。

  • その他に考慮すべきポイントとは?

    その他に考慮すべきポイントは、以下の通りです:

    エルゴノミクス:自分が一番使いやすいモデルを選ぶとよいでしょう。

    設置スぺース:スライサーには大型のものもあるので、大きさに応じた設置スペースを用意しましょう。

    メンテナンス: メンテナンスを行うことで、スライサーの寿命は延びますが、メンテナンスをあまり必要としないものあります。 ただし、長く正確にスライスするためには、丁寧な掃除が欠かせません。 そのため、メンテナンスのしやすいスライサーがおすすめです。

    安定性:重い機械は安定性が高いので、より安全に使用できます。

    エネルギー効率:クリーンな産業のために、できればエネルギー消費量の少ないスライサーを選びましょう。

関連したガイド
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...
コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。