産業用ミンサーの選び方

産業用ミンサーは、食材を刻むための電動装置です。 産業用ミンサーの多くは、ミートミンサーまたはミートグラインダーです

ミンサーは、大量の肉を一定の品質で挽くことができます。 主に大きな精肉店やレストランの厨房で使用されています。

産業用ミンサーを見る

  • 産業用ミンサーの選択基準について

    Vemag社のミンサー

    Vemag社のミンサー

    ミンサーの選択基準 :

    • 室温 :  精肉店の低温加工室で肉を扱う場合は、従来のミンサーを選ぶことができます。 しかし、セントラルキッチンや工場で働いていて、室温が調整されていない場合は、衛生面を考慮して冷蔵機能付きのミンサーを選びましょう。
    • 生産性 :1時間あたりの処理量(kg/h)です。
    • ホッパー・トレイの容量:ミンサーに入れることができる肉の量を示します。
    • モーター出力:家庭用ミンサーの出力は300~500Wです。 産業用ミンサーは800~1600Wが主流です。 モーターが強力であればあるほど、大量の肉を効率よく挽くことができます。
    • 出口の直径と格子状穴の直径出口の直径が大きいほど、より多くの量の肉を挽くことができます。 格子状穴には様々なサイズがあり、得たい肉の大きさから選びます。 例えば、繊細な食感を得るには小さな穴を選びます。
  • 従来のミンサーと冷蔵機能付きミンサーについて

    肉を扱うことは、衛生上の理由から非常にデリケートな作業です。また、低温に適した肉もあるため、効率的に作業を行うことが重要です。

    • 従来のミンサー

    精肉店の低温な加工室で作業する場合は、温度が調整されているので、冷蔵機能のない従来のミンサーで十分です。

    Dadaux社の冷蔵ミンサー

    低温でない場所で作業をする場合は、冷蔵ミンサーを選ぶと良いでしょう。

    ちなみに肉がほぼ凍っている状態の方が挽きやすいです。 しかし、従来のミンサーでは、肉片が熱を帯びてしまい、挽きにくくなってしまいます。 冷蔵ミンサーを使えば、冷凍肉をより簡単に挽きことができ、何よりも細菌の発生を防ぐことができます。

  • ミンサーの出力について

    一般的に肉(チキン、ビーフ、子牛など)は、硬くて肉汁のあるものが多いです。 ミンサーの詰まりを避けるためには、扱う肉に適した出力のミンサーを選ぶ必要があります。

    硬めの肉を挽く場合は、1600W以上のモーターを選びます。 柔らかい肉の場合は、1600W以下のモーターで十分です。

    肉汁を多く含む肉には、800Wのモーターで大丈夫です。 一方、乾燥した肉には、より高い出力のモーターが必要です。

  • ミンサーのサイズについて

    ミンサーを選ぶ際に、出力だけではなく、その生産性ホッパーの大きさも考慮すべき選択ポイントです生産性はkg/hで表示されています。

    セントラルキッチンや大規模な精肉店などで、大量の肉を処理する場合は、1時間あたり400kg以上の処理能力を持つミンサーを使用する必要があります。

  • ミンサーのカットプレートについて

    Kolbe社のミンサーカットプレート

    ミンサーには、穴の開いたカットプレートが付いています。 得たい肉の細かさに応じて、カットプレートを選びます。

    • 小さい穴(直径2.7-3 mm)のカットプレートは、小さな種を挽くのに適していますが、肉には適していません。
    • 直径が4~6mmのものは、ほとんどの種類の肉、チーズ、野菜に使用できます。
    • ソーセージ肉には、7mm以上が適しています。

    肉挽き機の中には、肉を大きく切るためのプレカッターが付いているものもあります。

関連したガイド
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...
コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。