高所作業台の選択

高所作業台は、高所にある作業場へのアクセスを可能にし、作業員の落下を防ぐための高所作業機材です。

多くのモデルが存在しますが、作業環境に合ったモデルを選びます。 目的に合った高所作業台を選ぶには、選択基準(屋内使用か屋外使用か、最大地上高、作業エリアのアクセス性、最大積載量)を考慮しなければなりません。

建設現場、物流、産業メンテナンス、公道のメンテナンス作業などの多くの分野で使用されています。

高所作業台を見る

  • 高所作業台の選定基準

    HAULOTTEのシザース型高所作業車

    HAULOTTEのシザース型高所作業車

    高所作業台には様々な種類があり、構成・サイズ・能力などからお求めのモデルを決定します。ここでは様々な選択基準をご紹介します。

    • ワークスペース:高所作業台を使う環境を意味します。屋内/屋外では使う機種が異なります。また作業場の地面のタイプ(安定している・ぬかるんでいる・擦れやすい)も考慮しなければなりません。
    • 最大地上高:最も重要で定義しやすい基準であり、作業台上の作業員が到達しなければならない高さを意味します。昇降機構や作業台の選択に直接影響を与えます。 
    • 最大積載荷重:作業員の人数と持ち上げる材料の重量から決定します。
    • 移動性:高所作業台には様々な移動オプションがありますが、作業環境や移動の頻度から決定します。自走式の作業台は移動が簡単で、車輪付きの作業台は屋内作業に適していますが、キャタピラータイプのものは屋外使用に適しています。牽引式はよりシンプルで安価ですが、位置を変えるために牽引車が必要になります。また車載式は公道で作業を行う場合に使用します。


    • 寸法:作業場所に合った寸法を選びます。垂直マスト式高所作業車はアクセスしずらい場所や狭い場所での作業に適しています。
    • 水平移動:作業台の水平移動を意味します。シザー型高所作業車は水平移動ができず、上下移動に限定されていることに対し、多関節式・伸縮式高所作業台は、木の枝や電線などの障害物を避けながら作業エリアに到達することができます。また車体を作業エリア直下に配置することができない場合にも、作業台を作業エリアに到達させることができます。
  • 高所作業台の種類

    GENIEの多関節式高所作業車

    GENIEの多関節式高所作業車

    ここでは高所作業台の種類について説明します。

    • 作業用高所作業台

    サスペンション機構を持たない作業台のみで構成されており、クレーンやフォークリフトなどの運搬車により昇降します。市場で最も安価なタイプの作業台です(400~2000€)。

    作業台が1つまたは複数の関節を備えたアームの先端に取り付けられています。移動の自由度が大きく、周囲の障害物を容易に避けることができます。到達しずらい場所にもアクセスしやすく、最大地上高は40メートルです。

    作業台が伸縮型アームの先端に配置されています。他の高所作業車と比較すると移動幅が広く、最大地上高も高いです。伸縮アームの先端に振り子部を備えた、張り出し部分にアクセスしやすいモデルもあります。最大地上高55メートルです。

    交互に連結された複数の油圧アーム(X字状)で構成された、いわゆるシザーリフトにより上昇する作業台で、最大積載量は1000kgです(他の高所作業車は平均200kg)。最大地上高は20メートルです。

    移動をあまり必要としない内装工事に適していて、手の届きにくい場所や狭い場所での作業に最適です。最大地上高は12メートルです。

    シャーシに組み込まれたスタビライザーを装備しており、険しい道での走行も可能です。

    多方向アーム付きの多関節型と伸縮アーム型の2種類があります。

    最大地上高は30メートルです。

    • トラック式高所作業車

    大型トラック・軽自動車・バン・ユーティリティービークル・ピックアップトラック・トラクターなどの自動車に作業台が組み込まれた構成になっています。昇降システムは伸縮式、多関節式、またはシザーリフトから選べます。

    軽自動車タイプの最大地上高は10~27mで、大型車の場合は最大70mです。

    • 吊り下げるタイプの高所作業台

    ケーブルとウインチで吊り下げられた作業台を意味します。地上から昇るのではなく、高所(建物の屋根など)から作業台を吊るすため、地上100メートル以上の高い場所での作業を可能にします。一時的に、または長期間建物に設置して作業を行うことができます。

  • 電動・ディーゼル・ハイブリット高所作業車について

    HINOWAのディーゼル高所作業車

    HINOWAのディーゼル高所作業車

    高所作業台には電動・ディーゼル・ハイブリッドエンジンを搭載することができます。この選択は作業環境に基づいて行われます。

    電動多関節型高所作業車

    バッテリーやケーブルで電源供給をするので、主に屋内使用向きです。

    長所:

    • 排気ガスを出さない。
    • 動作音が静か。

    短所:

    • バッテリー給電のため電池切れになる場合がある。

    ディーゼル多関節型高所作業車

    ディーゼルエンジンを搭載した高所作業台は屋外向きです。

    長所:

    • 給油することで無制限に使用できる。

    短所:

    • CO2を排出する環境に悪いエンジン。
    • うるさいエンジン音。

    ハイブリッド型多関節型高所作業車

    最近ハイブリットは内燃機関・電動機・バッテリーを組み合わせた構成になっています。

    長所:

    • その汎用性。屋外ではディーゼルエンジンを使用し、屋内では電動システムが使用できます。

    短所:

    • 値段が高い。
  • 手動式・牽引式・自走式・トラック式の高所作業台について

    Niftyliftの牽引式高所作業台

    Niftyliftの牽引式高所作業台

    手動式高所作業台は、お店や倉庫の物流で使用される小型モデルで、脚立やはしごの代替品です。 コンパクトなサイズで通路にも収まり、電動昇降システムを採用しているため、作業者の疲労を軽減しながら荷物を移動させることができます。

    牽引式高所作業台は小型・軽量で、車両部分は昇降のみに使用されます。運搬が簡単で、工事現場に社用車で運べます。

    自走式高所作業台は、作業エリアで操作・移動をするための車輪またはキャタピラーを備えています。 作業場所内を簡単に移動することができます。

    トラック式高所作業台は運搬トラック(実用車・大型車)に搭載されており、繰り返し行われる工事現場での作業や公道での作業に適しています。

関連したガイド
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...
コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です