レーザー彫刻機の選び方

彫刻機とは、材料を除去することで彫刻や彫刻を行う、自動または手動の機械です。彫刻機には、レーザー式、機械式などいくつかの種類がありますが、このガイドではレーザー式の彫刻機について説明します。

レーザー彫刻機は、機械式の彫刻機とは異なります。機械式彫刻機が非常に硬い素材を使って他の素材を彫刻するのに対し、レーザー彫刻機は、レーザービームの集中したエネルギーで、素材を蒸発させたり破壊することで、彫刻します。

レーザー彫刻は、ほとんどの素材に適用でき、その過程で彫刻物を動かす必要はありません。彫刻が細かくて早いのも、その特徴です。レーザー彫刻機は、自動車、航空宇宙、医療などの様々な業界で使われています。

レーザー彫刻機を見る

  • レーザー彫刻機について

    レーザー彫刻機にはいくつかの利点があります。

    • 不変の彫刻:素材上に彫刻するため、時間が立っても彫刻した部分は変化することなく、摩耗にも強いです。
    • 速さ:彫刻は数秒で完了します。
    • 精密さ:レーザー彫刻は、最高の彫刻精度を誇ります。 また、より美しく、きれいに仕上がります。
    • 様々な素材に対応:紙、金属、プラスチックなど、壊れやすい素材にも彫刻ができます。
  • レーザー彫刻機の選び方

     

    Satisloh社のレーザー彫刻機

    以下は、レーザー彫刻機の選択基準です。

    • 素材の選択:レーザー彫刻は多くの素材に適用できますが、彫刻する素材の性質によって、レーザー出力などが決まります。
    • 出力:彫刻したい素材に適した出力の彫刻機を選ぶ必要があります。 硬い素材などには、高出力のレーザーを使用すると、質の良い仕上がりになります。
    • レーザー光源:レーザーには、CO2レーザー、ファイバーレーザー、ダイオードレーザー、クリスタルレーザーが使用されます。 壊れやすい、デリケートな素材にはクリスタルレーザーがおすすめです。
    • 彫刻する対象物の大きさ
    • 彫刻の種類:深めの彫刻や濃い彫刻、薄い彫刻、コントラストの強調などから、彫刻技術を選択します。
    • 彫刻する情報の種類:英数字、 文字、 バーコード、 QRコード、 ロゴ、 画像、 記号など。
    • グラフィックデザインソフトウェア:レーザー彫刻を行うためには、彫刻をグラフィックデザインするためのソフトウェアが必要です。 一部の機種には、ソフトウェアが付属されています。 すでにソフトウェアをお持ちの方は、機種がソフトウェアに対応しているかどうかを確認してください。
    • 安全性:彫刻機を使用する場所について考えてみましょう。アトリエで使用する場合は、警告灯や遮光板、スタッフ用の保護メガネなど、きちんとした安全体制を整える必要があります。レーザーの出力によっては、個室で使用しなければならない場合もあります。
  • レーザー光源の選択

      

    Gravograph社製CO2レーザー彫刻機

    レーザー光源には様々な種類があります。

    • CO2レーザー :炭酸ガスレーザー光で彫刻します。
      • 有機物(木、紙、ゴムなど)への彫刻におすすめです。
      • コントラストなしの彫刻ができ、パッケージなどにバーコード、日付、シリアル番号を彫刻するのに適しています。
      • このタイプのレーザーは、波長が10.6ミクロンなので、安全性を高めるためにプレキシグラスのシールドを付けて、アトリエで使用します。
    • ファイバーレーザー :光ファイバーで彫刻します。
      • 無機質な素材(金属、プラスチック、セラミック)への彫刻におすすめです。
      • コントラストのある彫刻が可能です。
      • バーコードやQRコードだけでなく、図表なども高品質に仕上げることができます。
      • 波長が1μmのファイバーレーザーは、保護用のパーティションの後ろや個室で利用する必要があります。
    • Nd:YAGレーザー:ファイバーレーザーの3倍の出力を持つレーザー。
      • プラスチックやアルマイトへの彫刻には、コントラストの高い彫刻がおすすめです。
      • 短いパルスでシャープな彫刻を実現し、スキャナーで読み取りやすくすることで、トレーサビリティーを向上させます。
      • 繊細な素材、特にクリスタルへの彫刻に最適です。
  • レーザー彫刻を施す素材について

      

    TAMPOPRINT AG社製レーザー彫刻機

    レーザー彫刻は、ほとんどの素材にできます。

    • すべての金属(アルミニウム、スチール、ステンレス、青銅など)
    • 大半のプラスチック(ポリアミド、ポリプロピレンなど)
    • 皮革以外の有機素材(木、紙、段ボール)

    しかし、レーザー彫刻できない素材もあります。

    • 皮革
    • 炭素繊維
    • 酸化ベリリウム
  • レーザー出力について

    レーザー彫刻機を選ぶ際に最も重要な選択基準は、出力です。出力が高ければ高いほど、早く彫刻できます。出力はワット(W)で表され、彫刻する素材の性質に合わせて選ぶ必要があります。彫刻する素材が厚ければ厚いほど、高品質な彫刻に仕上げるために、必要なレーザー出力は高くなります。例えば、紙上に彫刻する場合は、木を彫る場合よりも少ない出力で済みます。

  • レーザー彫刻機に用途について

    レーザー彫刻機は、製品のトレーサビリティーを容易にするために、様々な産業分野で使用されています。

    • 主な分野としては、自動車、航空、エネルギー、冶金、医療です。
    • また、農業、食品産業、防衛、エレクトロニクス、鉄道、公共事業などの分野でも使用されています。

    英数字、文字、バーコード、QRコード、ロゴ、画像、記号などを彫刻することができます。彫刻は、白黒、カラー、コントラストの強い2D、コントラスト弱い2Dのいずれも可能です。

  • その他の考慮すべき点

    レーザー彫刻機を選ぶ際のポイントは他にもあります。

    • 彫刻の深さ(mm)
    • 彫り込み速度
    • 彫刻の解像度(コントラスト、鮮明さ)
関連したガイド
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...
コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です