バケットの選び方

バケットは、ショベルカーやホイールローダーなどの建設機械のアームの先端に取り付ける工具の一つです。

標準バケットは、建設現場や鉱山や採石場で材料(土、瓦礫、砂利など)を掘ったり、拾ったり、移動したり、トラックに積み込んだりするために使用されています。

種類は豊富で、各作業に合わせて使い分けます。

バケットのサイズを誤ると、建設機械の生産性を低下させ、燃料消費量を増加させる可能性があるため、作業と機械に適したバケットを選択することが重要です。

バケットを見る

  • バケットの選び方

    Frazivelの標準バケット

    Frazivelの標準バケット

    バケットには、工事に応じた様々な種類があります。選択基準に基づいて選ぶことで、適切なバケットを選ぶことができます。

    ここでは、バケットの選択基準をご紹介します。

    • 建設機械の種類

    バケットは、建設機械のアームに固定されています。 バケットには、建設機械別の種類があります。 例えば掘削機用バケットトラクター用バケットフォークリフトトラック用バケットテレハンドラー用バケットローダー用バケットなどが挙げられます。 そのため、建設機械に合ったバケットを選ばなければなりません。

     

    • 結合システム

    バケットを機能させるには、バケットを建設機械のアームに結合する必要があります。 したがって結合システムに適合したバケットを選択しなければなりません。結合システムには2種類あります。

    ピンを使用した標準結合:手動で取り外しするピンで、バケットを機械に取り付けます。

    長所 :安価

    短所:手動式なので、バケットの交換のたびに作業員が運転室から離れる必要があり、地形(斜面、泥など)によっては、交換に時間がかかり、危険な場合があります。

     

    結合器(カプラー)による結合は、運転室からバケットの取り替えを迅速に行うことができます。

    長所: 自動でバケットの交換ができるため、より安全。

    短所 :高価

    これは公共工事会社向けです。

     

    • 工事の種類

     

    • バケットの容量とサイズ

    機械のサイズに合ったバケットを選びましょう。大きなバケットを選んで作業の効率化を図りたいところですが、機械が正常に動作しにくくなり、燃料の過剰消費につながるため、かえって効率が悪くなります。また、逆に小さすぎるバケットは作業量と燃料消費量が増えるため、使用する機械のトン数と作業内容に合うバケットのサイズを選ぶ必要があります。

    例えば10トン以下の小さな掘削機の場合は、バケットの幅が350mm以下のものを選びましょう。

    50トンのホイールローダーの場合は、幅が4000mmのバケットを選びましょう。

     

    • 取り扱い材料

    バケットは主に材料を掘ったり、取り扱ったりするために使用されます。取り扱う材料の性質にもよりますが、摩り減りを制限して寿命を延ばすためには、強化されたバケットを使用する必要があります。

    花崗岩のような固くて緻密な材料を扱う場合、傷が付きやすい部分(爪、ブレードなど)は、交換可能な消耗品によって保護されている必要があります。

    砂利、頁岩や玄武岩のような材料には、鋭い爪を備えたバケットがおすすめです。

    土、砂、粘土などの場合には、バケットを保護する必要はありません。

     

    バケットには通常爪が付いていて、用途別に種類があります。

    例えばかぎ爪、ボルトオン爪、溶接された爪などがあります。
    爪の数は多い方が作業効率が上がります。 硬い岩を掘る場合は、貫通力を高めるために爪の数が少ないバケットを選びましょう。また土を耕す場合は、材料を保持しやすくするために、爪同士を密着させる必要があります。

     

  • バケットの種類と用途

    MBのスクリーニングバケット

    MBのスクリーニングバケット

    以下は、各用途に応じたバケットの紹介です。  

     

    これは最も一般的なバケットで、主な機能は材料を掘り、処理することです。ほとんどの掘削機に使用されています。

     

    建築現場の材料(砂、石、土)をふるいのように選別することができます。10~150mmの粒度の材料を得ることができます。

     

     

    Viper Metalのクラッシャーバケット

    現場で材料(緩い土、砂利、瓦礫、コンクリート)を粉砕するために使用されます。一般的に中型ショベルに搭載されています。

    特に土工や解体工事、工事現場の掃除に適しています。得られた材料は、より簡単にリサイクルができます。

     

     セメントや砂、骨材などの材料を積んで混ぜてコンクリートを作るためのバケットです。工事現場でコンクリートを準備することができます。

    乾いた材料と湿った材料の両方を混ぜることができます。

    ローダーやミニショベル、バックホーローダーに取り付けて、手の届きにくい場所(屋根など)や狭い場所にもアクセスできます。

    容量は、小型掘削機用のバケットでは150~400リットルで、重機用では2000リットル程です。

     

    台形状のバケットで、道の側溝や水路を掘ることができます。

    50トンまでの機械に取り付けることができます。

     

    • 溝用バケット

    浅くて狭い溝の中での作業ができます。例えばケーブルや電線の敷設に使用されます。

     

    砂利、腐植土、粘土を掘削し、溝を掘ってきれいにしたり、斜面を作ったり、レベリング作業に使用されます。

    800kgから6トンのミニショベルに適しており、容量は17リットルから300リットルです。10トン前後の重機用のバケットは、最大容量400リットルです。

     

     

    NUR GRUPのスケルトンバケット

    底が格子状になっていて、粗い材料(石など)を残し、細かい材料(土など)を取り除きます。

     

    • リッパーバケット

    岩盤などの固い地面の掘削作業向きですが、建設現場での廃棄物の分別、瓦礫の収集、切り株の引き抜き、植物の根絶などにも使用されています。

    頑丈で耐久性に優れており、油圧ショベルやバックホーローダー、ミニショベルなどに取り付けることができます。

     

    • レーキバケット

    建設業や農業、林業で瓦礫や廃棄物、植物を処理するために使用されています。

     

    公共事業で広く使われていますが、産業界でも使用できます。  

     

    • ハイダンプバケット

    大量の材料を取り扱う場合に便利です。例えば農業地帯での材料の輸送と投棄を最適化します。特に大量の穀物を積む際に農業者が使用しています。

    また、このタイプのバケットは、あらゆる種類の材料をふるいにかけたり、バケットに入れたり、高い空間に運んだりと、ハンドリング作業にも適しています。

     

    その大きさのため、たくさんの材料を収集できます。ホイールローダーやトラックローダーに取り付けることができます。

     

    「積み込み」、「押し込み」、「レベリング」、「埋め戻し」が可能で、機器を交換することなく4つの用途に対応できます。

関連したガイド
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...
コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です