トルクレンチの選び方

トルクレンチは、ねじやボルトの締め付けトルクを管理するための道具です。 ボルトやナットは、その締め付けが緩いと振動または自然に外れてしまい、逆に締め付けが強すぎると、破損する可能性があります。

トルクレンチのトルク値は、ニュートンメートル(N.m)で表記されています。

トルクレンチを見る

  • トルクレンチの種類について

    Paoli社製シグナル式手動トルクレンチ

    Paoli社製シグナル式手動トルクレンチ

    トルクレンチには、大きく分けてシグナル式と直読式の2種類があります。

    シグナル式トルクレンチは、設定したトルク値に達したことをカチンという音で教えてくれます。 プリセット形または単能形があります。

    直読式は、トルク値を目盛りで直接読み取ります。

    トルクレンチの種類:

    シグナル式

    直読式

  • トルクレンチの技術について

    トルクレンチには、手動式、電動式、油圧式、空圧式があります。 どのトルクレンチを選択するにしても、使用前には較正が必要です。

    手動トルクレンチ

    最も一般的なトルクレンチです。

    長所 :

    • 最も安い
    • 使いやすい トルクを設定し、設定値になるまで締め付けるだけです。

    短所 : 

    • 高トルク(数百N.m.)向きではありません

    ポイント:

    • グリップを回しトルク値を設定するモデルは、より経済的です。 この場合、目盛りはハンドルに刻まれています。
    STEALTH社製油圧トルクレンチ

    STEALTH社製油圧トルクレンチ

    電動トルクレンチ油圧トルクレンチ

    締め付け時間を短縮できます。

    長所 :

    • 締め付けが速いので、生産性が上がります
    • 手動では不可能な高トルク(数千N.m.まで)向き
    • 締め付けとトルク管理を同時に行うことができます

    短所: 

    • 値段が高い
    • 取り扱い方が難しい

    空気圧トルクレンチ

    手動トルクレンチと、電動・油圧トルクレンチの中間的な存在です。 車のホイールを正確に締め付けることができるので、自動車整備工場でよく使われています。

    長所 :

    • 締め付けが速い

    短所 : 

    • トルクに限界がある

    ポイント:

    • 圧縮空気の供給が必要です

    技術 :

    手動トルクレンチ
    電動・油圧動トルクレンチ
    空気圧トルクレンチ

  • 用途別のトルクレンチ

    トルクレンチは、ねじ締めが必要なあらゆる産業分野(自動車、航空工学など)で使用されています。 以下は、トルクレンチの用途例です:

    車のホイールを締め付ける・緩める

    トルクレンチは、自動車のホイールを締め付けたり、緩めたりできます。

    ホイールの締め付けトルクは、クランクの先に25kgの圧力をかけて、60~80N.mとします。 先に述べたように、空気圧トルクレンチは、このような用途に最適です。

    内燃機関のシリンダーヘッドの締め付け

    内燃機関のシリンダーヘッドは、非常に精密な締め付け(きつすぎず、緩すぎず)でないと、エンジンが正常に機能しません。 

    締め付けトルクは60~90N.m.です

    ハブナットの締め付け

    電動トルクレンチ油圧トルクレンチを使えば、部品の破損を心配することなく、設定トルク値に達することができます。

関連したガイド
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...
コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です