車両整備用リフトの選び方

車両整備用リフトとは、車両の整備作業を容易にするために、車両を持ち上げる装置のことです。 主に自動車修理・整備工場で使用されています。 

重量物車両を含むすべての車両が対象で、整備する車両や作業の種類からリフトを選びます。

車両整備用リフトを見る

  • 車両整備用リフトの種類とは?

    車両整備用リフトには、主に柱式リフト・シザーリフト・プラットフォームリフトがあります。

    柱式リフト

    柱式リフトには、2柱と4柱があります。

    Cascos Maquinaria, S.A社製2柱リフト

    Cascos Maquinaria, S.A社製2柱リフト

    • 1柱リフト :固定式と移動式があり、2.5トンまでの車両を持ち上げることができます。 バイクなどの軽い車両を持ち上げるために使用されます。
    • 2柱リフト : シャシーの下から車両を支えるので、タイヤとアンダーボディがよく見え、作業がしやすいです。 2.5トンまでの車両に使用できます。
    • 4柱リフト : スロープ付きです。修理作業に適しており、前輪と後輪を安全に持ち上げる補助リフトシステムを内蔵したモデルもあるので、アライメント調整にも適しています。 しかし、柱式リフトに比べると高価で、スペースも取ります。

    シザーリフト

    シザーリフトは、一般的に油圧式の移動式リフトで、昇降速度が柱式リフトよりも速いです。車体の各部分にアクセスしやすいのが特徴。油圧式リフトのメンテナンスは、他のリフトに比べて若干楽です。

    • シザーリフトは、地面から約1mまで車両を持ち上げることができ、特に天井高が低い作業場におすすめです。
    • 2段シザーリフトは、地上から約2mまで車両を持ち上げることができるため、ギアボックスや排気システムなどにも手が届くようになります。

    プラットフォームリフト

    4柱式リフトに匹敵するプラットフォームリフトは、4柱式リフトに比べて場所を取りません。 一般的に自動車整備工場などで使用されています。

  • 選ぶべきリフトの種類とは?

    パフォーマンスの高いリフトを選ぶには、以下について確認しましょう:

    O.M.R.Spa社製シザーリフト

    O.M.R.Spa社製シザーリフト

    • リフト能力:通常2.5~6トン
    • 高さ:2.5m
    • 作業場の広さ
    • オプション(低い位置からの持ち上げが可能など)
    • 特殊車両に使用できるかどうか(例えば資材運搬車、圧雪車などに使用する場合)

    リフトの種類には、例えば自動車用リフトトラック用リフト、バス用リフト、トラクター用リフトなどがあります。

    重量物運搬車に適したリフト

    大型車(トラック、バス、トラクターなど)には、特別なリフト能力を持つリフトが必要です。

    例) :

    • プラットフォームリフトとシザーリフト。オイル交換や技術点検向きで、素早い昇降が可能。
    • より汎用的な柱式リフト。
    • 独立型の複数の柱を持つ移動式リフト。各柱の動きが同じで、各タイヤの下に柱がくるようになっています。
  • リフトの駆動方式はどれを選ぶべき?

    リフトには空圧式と油圧式(電動モーターで駆動する油圧ポンプ)があり、一部の機種には電動式もあります。 リフトの駆動方式は、利用可能なエネルギーの種類から選択します。

    空圧式リフト : 

    • より高いリフト能力(柱式は最大5トン)
    • 高額

    油圧式リフト:

    • 値段がそれほど高くない
    • 少しのメンテンナンスで済む
    • モーター電源電圧は、220Vから400V(国により異なります)
  • 用途別リフトの選び方とは?

    シャシー下のメンテナンス作業には、シザーリフトを選択します。

    ブレーキパッドやタイヤの交換には、2柱式リフトをお選びください。

    自動車整備士が自宅で作業する場合、またリフトを自宅に置く場合は、可搬式リフトを選択します。 シザーリフトは、移動式が一般的です。

  • それぞれのリフトの問題点とは?

    柱式リフトの問題点は、場所を取ることです。

    AUTOPSTENHOJ社製ビルトインリフト

    AUTOPSTENHOJ社製ビルトインリフト

    また、天井の高さも考慮する必要があります。 1段シザーリフトは、最大1mまで持ち上げることができ、天井の低い作業場向きです。

    ビルトインリフトは、設置工事費用が高いです。

  • リフトの操作方法は?

    リフトは定期的なメンテナンスと使用訓練が必要です。 ここでは、リフトを安全かつ正常に機能させる方法をご紹介します。

    第三者によるメンテナンスを毎年行う

    • ほとんどの国では、12ヶ月ごとに自動車整備士によるリフトの点検が義務付けられています。
    • 油圧式リフトは、年に一度オイル交換をします。

    使用者による定期的なメンテナンス

    • リフト全体の破損や安全装置の劣化につながる可能性があるので、ピストンなどの部品や機構にゴミやサビがないかなどを定期的にチェックする必要があります。
    • リフトは、常に清潔さを保ち、周囲に物を置かないようにします。
    • 可動部の動きを潤滑にするために、オイル交換をする必要があります。
    • 柱式リフトの場合、アームのケーブルはスチール製で、消耗が早い可能性があるので、点検が必要です。
    • また、アームの昇降速度が常に同じになるように、調整しなければなりません。

    使用者の訓練

    • 訓練された人だけがリフトを操作できるので、作業員の訓練をする必要があります。
関連したガイド
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...
コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。