保護継電器の選び方

保護継電器(保護リレー)は、電気回路を保護する装置のことです。異常を検出して、事故が大きくならないように回路を遮断します。  

過電流保護、アーク保護、差動保護などの機能を備えています。

複数のモジュールで構成され、それぞれのモジュールが機能を果たすことができます。

保護継電器を見る

  • 保護継電器の種類について

    保護継電器(保護リレー)には大きく分けて、デジタルリレーと電気機械式リレーの2種類があります。

    デジタル保護継電器

    デジタル保護継電器は、デジタルリレーとも呼ばれ、マイクロプロセッサを搭載した電子システムを備えています。 マイクロプロセッサは、電圧、電流、電流などの複数のネットワークパラメータを分析し、産業用制御システムの障害を検出することができます。

    マイクロプロセッサを使用して、リアルタイムに監視情報を伝達し、データを記録することができます。

    電気機械式保護継電器

    電気機械式保護継電器は、歴史的な保護継電器です。 電磁力と機械力を利用してスイッチングするので、電気機械式と呼ばれています。 管理する機能は、1つか2つに限られています。 現在でも一般的に使用されています。

  • 保護継電器の機能について

    保護継電器にはさまざまな機能があります。 このガイドでは、ネットワークの変動に対する保護機能、漏洩電流保護機能、過負荷保護機能の3点だけに焦点を当てて説明します。 保護継電器は多くの場合、異なるモジュールで構成されており、それぞれが特定の機能を持っています。

    FANOX ELECTRONIC社製過電流保護リレー

    FANOX ELECTRONIC社製過電流保護リレー

    ネットワーク変動からの保護

    電圧、電流、周波数の異常な変動は、過電流、短絡による過電流、過電圧、さらには電圧降下などの障害を引き起こす可能性があります。 電圧保護継電器電流保護継電器周波数継電器は、まず故障を検出し、故障の原因となっている回路を遮断し、システム全体にダメージを与えることなく、故障を解消するために使用されます。

    漏電事故からの保護

    漏電保護リレーは、差動リレーとも呼ばれ、一般的には変電所、変圧器、発電機、送電線などに使用されます。

    ネットワークの状態に関する情報を送信し、問題が検出された場合にはネットワークを停止させることができます。 長所は安価な点。

    過負荷保護 

    Eaton社製サーマルリレー

    Eaton社製サーマルリレー

    サーマルリレーとも呼ばれる過負荷継電器は、障害発生時に電気モーターを保護するために使用されます。

    過負荷を検知して回路を開放し、モーターの過熱を防ぐことができます。 また、モーターに供給されている相数の異常を検出できる機種もあります。 このタイプの保護継電器は、設置場所に直接取り付けられるか、電気キャビネットの中に遠隔で設置もできます。

    主な保護継電器 :

    • 電圧保護継電器
    • 電流保護継電器
    • 周波数継電器
    • 漏電保護リレー
    • 過負荷継電器
  • 用途別の保護継電器

    電気モーターの保護用

    サーマルリレーを選びましょう。長時間にわたり電流を流し続けた場合に、モーターの動作を停止させるように設計されています。

    電線の保護用

    シンプルで安価な機器を簡単に保護することができる過電流保護継電器を選びましょう。 

    間接的な接触を防ぐため

    漏電を制限しながら設備を保護する差動リレーを選びましょう。 

    使用例:街路灯、水処理、通信、太陽エネルギー設備。

  • 保護継電器を選ぶ前に知っておくといいこと

    保護継電器を選ぶ前に、知っておくべきことをご紹介します。

    電流のタイプ

    直流、交流、単相、三相のどれなのかを確認することが重要です。

    何から保護したいかを明確にする

    あらかじめ、どのような場合に保護継電器を作動させるかを設定することができます。  

    保護継電器を構成するその他の要素

    産業用保護継電器は、監視機能やデータ転送機能を備えたものが増えています。 そのためには、会社の設備と通信できるかどうかが重要です。

関連したガイド
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...
コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。