産業用マニピュレータ-を正しく選ぶには

産業用マニピュレーターは、産業ロボットの一つです。重い荷物を運ぶことができ、作業員は安全に速く作業ができます。効率的で汎用性の高いマニピュレーターは、負荷の把持、持ち上げ、保持、回転などの作業を代行してくれます。
作業員のニーズに合わせて作られており、事故の発生率を減らすようにも設計されています。また、手動また反復的な作業を行うときに起こりうる筋骨格障害を減らすことにも役立ちます。

次のことを目的に使用されています :
-生産性の向上
-作業の簡易化
-事故防止

産業用マニピュレーターを見る

  • 産業用マニピュレーターをどう選択するか?

     

    Dalmecの空気圧マニピュレーター

    産業用マニピュレーターを選択するには、次の点について考える必要があります:

    • 取り扱い物の重量
      これはマニピュレーターを選択する際に非常に重要な要素です。メ-カ-が指定する最大荷重を確認してください。
      軽いもの(数十キログラム)から重いもの(数百キログラムから最大1.5トン)までを運ぶことができます。
    • 取り扱い物のサイズと形状
    • マニピュレーターの移動経路
      • 動作タイプ 持ち上げ 回転 反転
    • 動作範囲
      • 産業用マニピュレーターは荷重を移動させます。 動作範囲は、産業用マニピュレーターのサイズによって異なります。
      • 注意 : 最大荷重と動作範囲が大きいほど、マニピュレータは高価になります。
    • マニピュレーターの駆動
      • 駆動の仕方で、マニピュレーターの速度、強度、精度、エルゴノミクスが決まります。
      • 油圧、空圧、電動、手動から選べます。
      • 駆動のタイプは、産業用マニピュレーターが使用される環境によっても制約される可能性があります。ATEX環境で作業する場合は、空気圧式か油圧式をお選びください。
    • 取り扱い物に応じたグリップの種類
      • 取り扱い物に応じて、次のいずれかを選択する必要があります:
        • 吸盤
        • 吸盤
        • ペンチ
        • フック
        • チャック
        • 磁石
        • ハンドリングケース
  • どのタイプの駆動を選ぶか?

    産業用マニピュレーターには、4種類の駆動があります:

     

    Atisの空気圧マニピュレーター

    1. 空気圧 :
      • 空気圧マニピュレーターは、電動式や油圧式マニピュレーターよりも速くて操作が簡単です。
      • ただし重量物は運べません。
      • 空気圧マニピュレーターはATEX環境でよく使用されます。
    2. 空気圧 :
      • 油圧マニピュレーターは、他のタイプのマニピュレーターよりも大きな負荷に耐えることができます。
      • ただし速度が遅く、精度が低いです。
    3. 電動 :
      • 電動マニピュレーター は、他のタイプのマニピュレーターよりも優れたエルゴノミクスと、高い運動能力を持っています。
      • 注意 : ATEXゾーンでは禁止されています。
    4. 手動 :
      • 手動マニピュレーターは、運動の流動性と位置決めの精度を向上させます。
      • ただし、速度は制限されており、負荷は油圧マニピュレーターよりも小さいです。
  • どうして真空マニピュレーターを選ぶのか?

     

    Maniboの食品用真空マニピュレータ

    産業用真空マニピュレーターは、真空によって取り扱い物を吸引するチューブの形をしています。

    真空マニピュレーターはどのように機能するか?

    • 真空マニピュレーターは、真空発生器に連結された吸盤で構成されています。
    • 真空発生器によって引き起こされる圧力の差により、吸引カップと持ち上げられる物体の間の把持が可能になります。

    どのような用途か?

    • 真空マニピュレーターは板金、ガラス、またプラスチック板の取り扱いに適しています。
    • また段ボール、バッグ、パレットなど、あらゆるタイプの荷物に適しています。
  • 関節アームマニピュレーターの利点は何か?

    多関節式マニピュレーターにはいくつかの利点があります。

    • 広い移動範囲とその流動性 :
      • アームの関節により、作業員はあらゆる方向に進むことができます。
      • この動きみより、位置決めが容易になります。
      • ただしアームの最大移動範囲を知っておく必要があります。
    • 素早い把持 :
      • 安全を維持しながら、荷物をすばやく拾って解放することができます。
    • 生産性の向上 :
      • 荷物の持ち上げと移動が速いため、生産性が上がります。
    • 使いやすい
  • 取り扱い物の種類?

    Famatecのコイル用マニピュレーター

    産業用マニピュレーターの選択は、使用目的と処理する荷持のタイプによって異なります。

    • 空のパレット:フォークマニピュレーターが最適です。
    • コイル:フォークマニピュレーターが最適です。
    • ドラム缶:ケーブルまた関節アームマニピュレーターの使用をおすすめします。
    • :関節アーム、ホイスト、ケーブル、クランプまた真空によるマニピュレーターを選択します。
    • ケースとダンボ-ル箱:関節アーム、ホイスト、ケーブル、クランプまた真空によるマニピュレーターを選択します。
    • パネル:産業用真空マニピュレーターの使用をおすすめします。
  • どの構成を選択するべきか?

    マニピュレーターは、各作業環境に適した、様々な構成で利用できます:

     

    Indevaのカラムマニピュレータ

    • カラムマニピュレーター
      • 床に固定されたカラムに取り付けられます。
      • 他のマニピュレーターよりも導入が簡単です。
      • 安定性があります。
      • 注意:動かせないため、場所を取ります。
    • 吊り下げ型マニピュレーター
      • 天井に固定されているため、床のスペ-スを取りません。
      • 注意:固定されているため、移動できません。 また全体(荷重とマニピュレーター)の重量に気を付ける必要があります。
    • 高架レールマウントマニピュレーター
      • モバイルカートに取り付けられているため、様々な場所に移動できます。
      • 導入にはより費用がかかります。
      • 注意:全体(負荷とマニピュレーター)の重量を必ず確認してください。
  • オ-ダ-メイドの産業用マニピュレーター、またすぐに使用できるマニピュレーターを選択する必要があるか?

    産業用マニピュレーターは、正確に機能することが重要です。 作業員の安全を確保することで、生産過程と最終製品の品質が向上します。

    「すぐに使える」ハンドリングシステムを購入することも、正確な作業を行うために、独自の仕様でマニピュレータを設計することもできます。

    どちらのタイプのマニピュレーターにも長所と短所があります。

    ボックス外のマニピュレーター

    • 導入が簡単で安価なので、オ-ダ-メイドのマニピュレータ-よりも優れた価格と質で販売されています。
    • ただし作業員のニーズに十分合わない場合があります。 マニピュレータ-は、必要な範囲で操作できない場合があります。
      • 例えば手作業をする作業員の怪我の危険。
      • 生産率の低下リスク。

    オ-ダ-メイドのマニピュレーター

    • 思い通りに正確に動作します。
    • マニピュレータの先端に、用途に合わせて開発されたツールを追加できます。
    • それにより、作業員のためにより安全な環境を提供できます。
    • また生産率を下げることなく、手動で介入することなく、作業をより迅速に実行できます(標準のマニピュレーターとは異なります)。
    • ただし、標準のマニピュレータよりも高価で、
    • 「ボックス外」マニピュレーターよりも、導入時間がかかります。
  • ハンドリングロボットではなくマニピュレーターを選択する理由?

    • マニピュレーターは、作業員を支援するための機械であり、反復的で疲れる作業を支援します。
    • ハンドリングロボットのよりも安価で、プログラミングの知識は必要ありません。
    • 生産システムへのマニピュレーターの導入は、ロボットの導入よりも簡単です。
    • ただし、ロボットのように自律的ではないため、マニピュレーターはタスクを完全に自動化しません。
関連したガイド
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...
コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です