検出 - 測定

正しく圧力センサを選択する

圧力測定は、大半の産業工程の制御に必要です。 圧力センサは、圧力情報を電気信号に変換します。ダイアフラムの両面に加わる圧力差の影響下で膜の変形を測定します。製造業者は、これらの製品の名称を異なる用語で表しています。「圧力センサ」および「圧力変換器」という名称が同義語であるとすると「圧力伝送器」という用語は、標準化された出力信号を送るための測定電子機器を備えた圧力センサを意味します。 この購入ガイドでは、センサだけを解説しており、送信機については解説されていません。

さらに詳細を見る

検出 - 測定

正しく温度センサを選択する

温度は産業界で最も測定されている物理量であり、多くの過程に不可欠なパラメータです。 温度センサは、温度情報を測定機器、ディスプレイ、または自動化で使用できる電気信号に変換します。 温度センサの技術の中には、非常に異なる2つのタイプがあります: センサと測定したい温度の間の接触点にある、ほとんどの温度センサを構成する接触式センサ。 赤外線技術を利用した、遠隔操作で表面の温度を測定する非接触式センサ。

さらに詳細を見る