コンテナの選定

コンテナとは、産業製品を保管・運搬するための容器です。

コンテナを見る

  • コンテナの種類について

    Craemerのパレットボックス

    Craemerのパレットボックス

    コンテナには大きく分けて4種類あります:

    • クレート:最も一般的に使用されている産業用の容器です。 その素材は主にプラスチック製木製金属製です。 危険物でない一般的な商品の保管をするものや、化学製品を搬送するための漏れ防止を施したものもあります。
    • パレットボックス: パレットでできた容器で、フォークリフトでの運搬が可能です。
    • 海上コンテナ:コンテナ船用のコンテナか、非液体バルク品を保管するための非常に大きな容器です。
    • 引き出し容器:作業台の小さな部品、特に金属製品を収納するために使用されています。

    コンテナの種類:

    • クレート
    • パレットボックス
    • 海上コンテナ
    • 引き出し容器
  • コンテナの選択基準について

    Pegasus-storageの引き出し容器

    Pegasus-storageの引き出し容器

    コンテナの選択基準:

    • 容量
    • 寸法
    • 素材(木材・金属・ダンボール・ポリプロピレン(PP)・高密度ポリエチレン(HDPE)・低密度ポリエチレン(LDPE))
    • 壁面や底面のタイプ
    • 色(色の種類は豊富で、コンテナごとに色を分けることができるため、コンテナの管理がしやすい)
    • 欧州統一規格(EN規格)や自動車業界向けドイツ自動車工業会(VDA規格)などの規格・認証
    • 用途(食品産業用や自動車産業用など)

    コンテナの選択基準:

    • 容量
    • 寸法
    • 素材
    • 壁面や底面のタイプ
    • 規格
    • 用途
  • コンテナのオプションについて

    Manergoのコンテナ

    Manergoのコンテナ

    ここでは、いくつかのオプション付きコンテナをご紹介します。

    • おりたたみ式コンテナ
    • コンテナの中身を区分するのに便利な仕切り付きコンテナ(縦仕切り/横仕切り)

    コンテナのオプション:

    • 積み重ね可能
    • 折りたたみ可能
    • ハンドル付き
    • ふた付き
    • 仕切り付き
    • 車輪付き
    • はめ込み収納可能
  • 用途別のコンテナ

    Containexのコンテナ

    Containexのコンテナ

    ここでは用途別にコンテナをご紹介します。

    • 屋内での収納には、収納物を取り出しやすい前面開きの仕切り付き容器や引き出し式容器をお選びください。
    • トラックや船での輸送には、 大型コンテナをお選びください。

    また、用途に合った産業規格を満たすコンテナを選びましょう。

    • 自動車業界の場合は、VDA自動車規格などの規格に適合したもの。
    • 食品業界の場合は、食品規格や取引先(肉屋、野菜、養鶏、漁業など)の要件を満たしたもの。
    • 電子機器の場合は、 コンテナを電子部品に接触させても静電気を放電するESDモデルのもの。
関連したガイド
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...
コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です