圧力調整器の選び方

圧力調整器は、リリーフバルブとも呼ばれ、ホース、バルブ、ノズル、タンクなどにかかる圧力を制限するために、油空圧制御機器で使用されます。 圧力が高すぎると、水漏れや早期の消耗、さらには機器の破壊につながります。 また、安定した圧力が必要な場合にも役立ちます。

最も一般的な圧力調整器は、ダイヤフラム式圧力調整器です。

圧力調整器を見る

  • 圧力調整器について

    圧力調整器は、空圧機器を保護します。空圧機器は圧縮空気で稼働し、その最大圧力は使用するコンプレッサーにより異なります。構成部品(バルブ・フィルターなど)には超えてはならない圧力があり、それを超えると部品や機器が破損する可能性があります。そこで調整器を利用することで、圧力を調整し、各部品や機器全体を保護することができます。

    以下は圧力調整器のその他の役割です:

    • 空気圧シリンダが使用されている製品の保護:シリンダは、特定の圧力で特定の力を発揮するように設計されています。 この圧力を超えてしまうと、シリンダはより大きな力を発揮し、製造工程でエラーが発生する危険性が出てきます。 そのため、調整器で圧力を制限します。
    • プロセス制御: 用途によっては、安定した圧力が必要な場合があります。 特に製品に噴霧する場合は、圧縮空気の圧力を安定させるために、圧力調整器を設置する必要があります。
  • 隔膜式圧力調整器について

    CAMOZZI社製圧力調整器

    CAMOZZI社製圧力調整器

    最も一般的な圧力調整器はダイヤフラム式圧力調整器です。

    ダイヤフラム式圧力調整器は、ネジ、ばね、バルブ、ダイヤフラムで構成されています。 原理は、ダイヤフラムの上下のスプリングの力と二次側圧力の両方の力のバランスに基づいています。 二次側圧力のわずかな変動は、調整器により直ちに補正されます。 二次側圧力が下がると、ダイヤフラムにかかる力のバランスが崩れます。 大きなばねの力が大きくなると、バルブが開き、圧力が回復します。 逆に二次側圧力が高くなると、流体がダイヤフラムに作用する力がばねを押し縮めることで、バルブを閉じます。

    このタイプの調整器では、一次側圧力の変動は二次側圧力に影響を及ぼしません。

  • 圧力調整器の選び方について

    圧力調整器は、流体の二次側圧力を下げるだけの減圧弁とは異なり、圧力を補正し、安定させることができます。 システム内の圧力に応じて、調整器に加えて減圧弁を設置する必要があります。

    • まず流体の入口と出口の圧力に適した減圧弁を選ぶ必要があります。 圧力を下げるには、ばねの張力を調整するネジを回す必要があります。 そして、調整器を取り付け、システム内の圧力を再調整します。
    • 流量にも注目してみてください。 調整器は、各メーカーが指定した特定の流量で動作します。
    • バルブの入口と出口のサイズも重要です。

    圧力調整器は通常、あらかじめ設定されていますが、すべて調整可能です。 オプションを追加することも可能です。

    プションの例:

    • 正しい圧力測定のための圧力計オプション(測定結果はbarまたはpsiで表示されます)
    • 簡単に調整ができるオプション
  • 圧力調整器の使用例

    圧力調整器は、流体を使用して動作するほとんどの機械に使用されています。 工業用(圧縮空気回路、水回路、油圧回路)だけでなく、家庭用電化製品(食器洗い機、洗濯機)、エアコン、冷蔵庫、ボイラー、さらには自動車のブレーキや燃料の圧力を調整するためにも使用されています。

    圧力調整器はあらゆる場所に存在し、多くの機器を正常に機能させるために不可欠なものです。 故障することもありますが、価格が手頃なので、低コストで交換できます。 しかし、故障すると調整器が使用されている機器にダメージを与えるので、定期点検を忘れないようにしてください。

関連したガイド
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...
コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です