逆止弁の選び方

逆止弁は、油圧、空圧、換気システムに取り付ける弁です。 流体を一方向に流すことができます。 逆流防止弁やチャッキバルブとも呼ばれます。

逆止弁を見る

  • 逆止弁は何に使われているか?

    逆止弁はその名の通り、水などの流体の逆流を防止する弁です。 流体の流れの方向を間違えると、特に油圧システムは、故障する恐れがあります。 逆止弁は、配管が切断したときに、液体や蒸気が漏れることを防ぐこともできます。 また、下水の逆流や悪臭を防ぐために下水管にも使用されています。

    逆止弁は、油圧ポンプやモーター、換気システム、衛生器具の排水部、洗濯機などの排水部、暖房回路、ポンプ配管、油圧・空圧継手などに使用されています。

  • 逆止弁の種類には何があるか?

    逆止弁の種類には、スイング式逆止弁ボールチャッキバルブディスク式逆止弁があります。

    スイング式逆止弁

    • 最も多く使用されている逆止弁。
    • スプリングやカウンターウェイトにより、弁は素早く閉じます。
    • 垂直配管、水平配管、大流量、低圧向き。
    • トイレの水洗装置、下水道設備、揚水設備などに使用されています。
    • 低価格

    ボールチャッキバルブ

    • 逆流防止の役割を果たすのはボールです。 ボールが上昇することで、液体は一方向にしか流れません。
    • 懸濁液を流すために使用され、特にハイテク産業や自動車産業で使用されています。

    Parker社の逆止弁

    ディスク式逆止弁

    ボールチャッキバルブが使用されている配管よりも太い配管向きです。 油圧回路・空気圧回路で使用可能。 製薬、化学、石油化学産業などで使用されています。

  • 注意すべき流体の特性とは?

    逆止弁を選ぶにはいくつかのポイントがあります。 例えば、流れやすく、詰まることがないように、流体の流量と流速で弁の大きさを決めます。

    また、流体の種類や個体粒子の大きさも大切です。 特に廃水の場合、繊維質成分を通しやすい開口部を持つスイング式逆止弁を選ぶと良いでしょう。

    流体の特性は、逆止弁の材質にも影響します。 海水や塩分を含んだ液体を流す場合は、ステンレス鋼製の逆止弁を選ぶと良いでしょう。 また、流体が腐食性または食品用の場合には、他の材質のものを選びます。 例えば、ポリマーの耐酸性の特性は大きく異なるで、酸性の液体の場合、適したポリマーを選びます。

    食品用の流体には、衛生基準を満たすために、最も洗浄性の高い素材のステンレス鋼が一般的に使用されています。

関連したガイド
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...
コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。