塗装ブ-スを正しく選定するには?

塗装ブースの主な目的は、オーバースプレーや揮発性有機化合物(VOC)などの危険物を封じ込めて、煙、化学薬品、ガス、蒸気がアトリエ内や屋外に広がることを防ぐことです。環境保護、現地の規制への準拠、従業員や施設の安全性の確保に加えて、汚染物質(例えば、ほこり)を除く塗装プロセスをブースに封鎖することで、塗装作業を改善することができます。

塗装ブースを見る

  • どのように塗装ブ-スを選ぶか?

    適切な塗装ブースを選択するには、塗装する部品や製品の寸法を把握し、それらを収容して取り扱うのに十分な大きさのブ-スを用意する必要があります。十分なスペースと空気があることを確認することも必要になります。

    寸法が決まったら、用途の過程に従って濾過タイプを選択する必要があります。

    • 液体には一般に乾燥フィルター塗装ブースを使用します。排気ファンが余分な塗料をブ-スの壁や床のフィルタバンクに引き寄せます。
    • 粉体塗布は建物の外側へ空気を排出する必要がないバグフィルターや粉体コレクターで終わる複数の濾過を必要とします。
  • 塗装ブ-スの構造

    Nova Vertaの塗装用ブース
    Nova Vertaの塗装用ブース

    塗装ブースは換気された空間であり、必要に応じて加熱されるため、塗装の担当者は基準に準拠した衛生的かつ安全な条件で作業できます。 開放型密閉型のタイプがあり、塗装物の寸法に適合しています。 車両用塗装ブースもあります。

    塗装ブ-スの構造

    • 空気を導くパネル構造。
    • スプレー塗料から煙霧によって汚染された空気を排出するための電動ファン。 特別なフィルターを装備している。
    • 建物の外に空気を排出する排気ダクトを備えている。
    • ブ-スを制御する電気制御キャビネット
  • ブ-スの寸法

    ラック、パレット、また台車を含めた塗装する物の最大寸法を考慮する必要があります。そしてブ-スの寸法を得るために、少なくとも60cm(2フィート)を高さに、長さと幅に少なくとも1.5m(5フィート)を加えてください。
    同時に複数の物体を塗装する場合は90cmずつの間隔を置きましょう。

  • 塗装ブースの換気タイプは?

    Belmekoの塗装用ブース
    Belmekoの塗装用ブース

    換気は作業員の健康に不可欠ですが、塗装の仕上がりにも重要です。 ブ-スは外から濾過された新鮮な空気を常に供給し、汚染された空気を排出します。 換気システムは送風機と排気ファンで構成されています。

    換気に最適な気流を決定するには、塗装物を調べる必要があります。その形状と重さが選択の重要な要素となります。

    そして異なる流れの気流を作ることができます:

    • 垂直気流:天井フィルターから格子への垂直流。
      利点:主に清潔 空気は物体の周りに吸い込まれ、その下に排出されます。 過剰な塗料の散布や汚染物質は物体から下方に引き寄せられます。 汚染の危険が減ることで、塗装工は安全に作業ができます。 仕上げは普通よりも良く、乾いた後に少々修正と磨きを必要とします。
      欠点: このシステムが機能するには、トンネルや穴が必要であり、そうでなければブ-スの高さが必要で、それには多大なコストがかかります。
    • 斜め気流:天井フィルターから吸込壁また部分格子網へ斜めに流れます。
      利点:物体の周囲で気流はより均等になります。 塗料および汚染物質は仕上がった塗装物から吸い取られます。 さらにブ-スはコンクリート穴を必要としないため、コストが削減できます。
      欠点: これらのブ-スは、その構成のため最も高価です。 一方トンネル、穴、高さは不要です。
    • 水平方向の気流:送風キャビネットから吸込み壁への水平方向の流れ。 斜めの気流と同じ長所と短所があります。
    • クロスフロ- :入ってくる空気は、ブ-スのメインのドアから吸い込まれ、排気は後壁を通ります。 空気は塗装ゾ-ンに直接送られます。
      利点:これらのブ-スは、構成材料や工事が少ないため経済的です。
      欠点:気流が物体上を直線的に通る。 出口までの距離が長いため、汚染物質が塗装する部分に付着する可能性が高くなります。 作業員も空気の流れを妨げ、所々に余分な塗料を加える可能性があります。

    換気のタイプ:

    • 垂直気流
    • 斜めの気流
    • 水平気流
    • クロスフロ-
  • 塗装ブースでどのような暖房が使用できるか?

    最も安い塗装ブ-スは、アップグレードやカスタマイズが最も高価であることが多いため暖房はブ-スの購入前に考慮すべき重要な基準です。

    • 水平気流のブ-スはドアのせいで暖房が使えません。
    • クロスフローブースに暖房を設置するには大きな変更が必要であり、熱リサイクルシステムの費用がかなりかかるかもしれません。 そのため購入する前によく考えることをお勧めします。
    • 垂直気流ブ-スは、熱源を追加するための変更が簡単です。 熱をリサイクルしたい場合パイプを加えるので、ブ-スの後ろの排気装置のせいでより高価で複雑になる可能性があります。

    非加熱ブ-スを選択した場合は、後に追加可能な暖房システム用に周りのスペースを残しましょう。 また建物に必要な電力が供給されていること、および市がヒーターを追加する許可を与えていることを確認します。 塗装する部品の量が多い場合は、熱を再利用することを検討することで、かなりのお金を節約できます。

  • 塗装ブースにどのろ過方法を選択すれば良いか?

    塗装ブースでは空気の供給と排出が一定であるため、空気を濾過することが重要です。 良好な塗装結果を得るためにも環境を保護するためにも濾過は必要です。 パフォーマンスの低下を防ぐために、ブース内のフィルタ-を継続的に監視することが重要です。

    ろ過システムにはいくつかのフィルターがあります。

    • プレフィルタ-:ファンの前にあり入ってくる空気の浄化を確実に行います。
    • 抽出フィルター:スラット床(垂直また対角線の気流)や側壁(対角線また水平の気流)にあります。 これらのフィルターは落ちた塗料やその他の汚れを抑えます。
    • 出口用フィルター:ブ-ス内に常に存在するわけではありません。 出口の空気をろ過します。 塗料や製品の頻度に応じて設置するかどうかを選択できます。

    塗料ブース用に特別に設計されたフィルター、作業員による粉末の吸入また摂取を防ぐための高性能フィルターがあります。

  • 塗装ブースの規格は何か?

    Belmekoの塗装用ブース
    Belmekoの塗装用ブース

    NF EN 12215 + A1規格には塗装ブースの要件(液体有機塗料製品のスプレー塗装ブースの安全要件)が含まれており、ペンキやニス等のコーティングの吹き付けに適当です。

    安全対策として、この規格はブ-スに必須となっています。

    • 一つ以上のファンによる換気
    • 乾空気濾過システムまた空気洗浄
    • 測定および 制御装置。
    • 消火設備
    • 警報装置
  • 塗装ブースの傾向:コネクテッドブース

    今日の多くの分野であるように、コネクテッドされている塗装ブースもあります。作業員はタッチスクリーンで作業を監視します。責任者はリアルタイムで作業をフォローできます。生産だけでなく、ブースのプロセスパラメータ(温度、湿度など)も監視できます。

関連したガイド
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...
コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です