The online industrial exhibition

エアコンプレッサーの選択

エアコンプレッサーは、空気を圧縮するためにエネルギーを使用する機械的装置です。このエネルギーは電気また化学的です。エアコンプレッサーは、空気を非常に小さな体積で圧縮し、圧力を増加させます。この圧力は、特に重い物体を持ち上げるために使用することができます。エアコンプレッサーは、様々な商業的また工業的分野で使用されています。市販のエアコンプレッサーは、空気圧工具に動力を供給するように設計されています。エアコンプレッサーは、釘打ち機、エアーステープラー、エアサンダー、スプレーガン、サンドブラスターなどの電動工具に使用されています。

市場には数多くのサイズや電源がありますが、主なものはピストンエアコンプレッサーとスクリューエアコンプレッサーの2つです。

エアコンプレッサーを見る

  • 産業用エアコンプレッサーの選び方とは?

    KAESERのエアコンプレッサー
    KAESERのエアコンプレッサー

    エアコンプレッサーを適切に選択するには、圧縮空気に応じた使用頻度を決める必要があります。 またコンプレッサーが輸送式か設置式かを知る必要があります。 この場合、冷却するためにコンプレッサーが換気されていることを確認する必要があります。もう1つの考慮すべき重要な点は、コンプレッサーの連続作業時間です。

    製造業者は通常製品の連続使用率を表示します。 この連続使用率によって、コンプレッサーが1時間に稼働できる時間が決まります。 連続作業時間が30%のコンプレッサーは、18分間しか動作せず42分間冷却する必要があります。

    エアーコンプレッサーは、様々な携帯型空気圧式工具の使用を可能にします : ハンマ-、 釘打ち機、 ドライバ-、 ブレ-カ-、 エアブロ-、 塗料噴霧器、 サンドブラスタ-などです。設置式また可搬式のエアコンプレッサ-は、次のように産業または農業分野においても優れたサービスを提供することができます:

    • 生産ラインでの空気圧工具の使用。
    • ボトルや大瓶の吹き込み成形。
    • 空気圧シリンダーの供給。
    • 作物への散布。
    • 温室などの換気
  • コンプレッサーの推奨サイズは?

    BOGEのエアコンプレッサー
    BOGEのエアコンプレッサー

    コンプレッサーのサイズを決めるには、工具や空気回路の動力に必要な最大圧力を知る必要があります。 最大圧力は、  「重量ポンド毎平方インチ」(psi)、バールまたはパスカル(Pa)で示すことができます。 圧力に応じて、圧力を上げることができる(最大5800 psiまた400バ-ルまで)1段コンプレッサー(最大135 psi また9バールまで)また多段コンプレッサーが必要になります。

    「最大流量」も知る必要があります。 吐出空気量は、コンプレッサーから吐出される空気量を、その吸入状態(吸込圧力、吸込空気温度)の体積に換算した値のことです。 方フィート毎分(cfm)、リットル毎秒 (l/s)または立方メートル毎時(m3/h)で表示されます。 吐出し空気量は実際に使用する空気量より30%余裕を持って選定してください。

    コンプレッサ-の出力は、吐出空気量と出口圧力によります。 コンプレッサーが高出力で低流量の場合は、頻繁な使用には不向きであり、長い冷却時間が必要です。 コンプレッサ-は、一般的に圧縮空気の必要に応じたモ-タ-の始動を調整する圧縮空気タンクを備えています。 モーターに絶えず負荷がかからないように、このタンクを較正する必要があります。 狭いスペ-スに設置することができる縦型のタンクのコンプレッサ-です。

  • どのタイプのコンプレッサーを選択するか?

    INGERSOLL RANDのエアコンプレッサー
    INGERSOLL RANDのエアコンプレッサー

    コンプレッサーは大きく分けて容積型と遠心式があります。大半のエアコンプレッサーは容積型コンプレッサーで、空気の量を減らし圧縮します。 通常これらの圧縮機は、電動モータ-によって駆動されており、様々なタイプの技術が使われています:

    • ピストンコンプレッサー。 ピストンコンプレッサ-は単気筒である場合があります。 このタイプのコンプレッサーは、最大10バ-ルの圧力まで耐えることができます。 また圧力を最大400バ-ルまで上げるために、多段式にすることもできます。 ピストンコンプレッサ-は最も経済的です。 このタイプのコンプレッサ-は、断続的な使用目的で利用できます: 連続使用率は最大で60%で、1時間あたり35分しか動作しません。 コンプレッサーが常に稼働する必要がないように、圧縮された空気の供給は、推定された空気流量に対して十分でなければなりません。この圧縮機の欠点は、圧縮空気で潤滑油を拒絶することです。 例えばエレクトロニクス産業、製薬産業、食品産業またクリーンルーム用に清浄な空気が必要な場合、濾過システムを使用するかオイルフリ-のコンプレッサ-を選択するべきです。 そしてピストンコンプレッサーは比較的騒音が大きく、近くで働く人々に不快感を与えることがあります。

     

    • スクリューコンプレッサー。 これは最も一般的な産業モデルで、 ピストンの代わりにヘリカルスクリューを使います。 得られる圧力は、単気筒モデルの場合は5バ-ル 、多段モデルの場合は 13バ-ル まで変化する可能性があります。このタイプのコンプレッサーは、1段式で高い空気流量と「圧縮比」を提供します。これにより、製造業者は多段式であるピストンコンプッサ-と比較してよりコンパクトなサイズを提供できます。スクリューコンプレッサーは、「100%の連続使用率」を有することができ、これにより連続的に作動することができます。速度が変化するスクリューコンプレッサーもあります。 エネルギー需要を最適化するために、圧縮空気の必要性に合わせて回転用速度を調整することができます。

     

    • ロ-タリ-ベ-ンコンプレッサ-。 羽根は、偏心回転子内を滑るするスラブであり、空気の圧縮を引き起こします。 エネルギー効率は高くコンパクトです。 類似の圧力と空気流量で、スクリューコンプレッサーよりも回転速度が遅く、部品の磨耗を遅らせ、メンテナンスの必要性を抑えます。 そのためコンプレッサ-の寿命は伸びます。 このコンプレッサーは、印刷、木材、包装などの様々な分野で使用されています。 エネルギー分野や医療分野などの清浄な空気を使用する必要がある業界では、多くのモデルがオイルフリ-です。

     

    • 遠心コンプレッサ-。 このコンプレッサーは、羽根車の回転によって空気が機械に引き込まれます。 自動車のターボ圧縮機と同じ原理です。 連続的に大きな圧力で高い空気流量が必要な場合に、このタイプのコンプレッサ-を使用します。 特にエネルギー生産および化学産業の場合に当てはまります。 通常このコンプレッサ-には、モ-タ-を最良な状態で機能させるために、減速機が装備されています。 200バ-ルの圧力の場合、500000m3/hの空気流量を提供することができます。

    コンプレッサーには、主に3つのタイプの設置の仕方があります:

     

    • 固定式コンプレッサー。 これらは移動しないように設計された機械です。 通常非常に強力で、高い流量と高い圧力を提供します。

     

    • 可動式コンプレッサーまた半固定タイプ。 一体型固定式コンプレッサ-に似た特性を持っていますが、例えば工事現場などで移動できます。 ベースは、パレットトラックのフォークの通過のためにあります。 これらのコンプレッサーは一般的に熱機関を備えています。

     

  • どの場合にオイルフリーコンプレッサーを使うか?

    オイル不使用のコンプレッサ-もあり、清浄な空気を得ることができます。 そのため、より少ない汚染で環境的なコンプレッサ-です。 特にエレクトロニクス産業、半導体製造、製薬産業、化学工業、医療分野、自動車組立および仕上げ、また食品産業で使用されています。

    オイルフリーのコンプレッサーを選択する場合は、ISO 8573-1 Class 0の基準を満たしていることを確認してください。 上級が圧縮空気中の最大油量を決定します。

    コンプレッサ-には空気乾燥機が装備されている必要があります。 高い圧力を提供しないコンプレッサ-は、過度の使用に不向きです。ピストンコンプレッサ-の場合、潤滑油は可動部分を保護するテフロンまたはシリコーンコーティングで置き換えることができます。

    また注入された水または閉回路の水で 置き換えることもできます。 このコンプレッサーは一般的に雑音が多いですが、メンテナンスが少なくて済みます。

    オイルフリーコンプレッサーの主な用途:

    • エレクトロニクス産業
    • 化学工業
    • 製薬産業
    • 医療産業
    • 食品産業
  • コンプレッサ-に使用されている主なモ-タ-は何か?

    電動モ-タ-が最も経済的なコンプレッサ-に使用されていますが、特に単相で動力を供給している場合は、それほど強力ではありません。燃焼機関により駆動するコンプレッサ-(ディーゼルエンジンガソリンエンジン)も存在します。 熱機関を装備したコンプレッサ-は、一般的に屋外での使用を目的としています。

  • コンプレッサ-の価格はいくらか?

    以下の価格は消費者価格です。 最も安いコンプレッサーにはエアータンクが組み込まれていません。

    • ピストンコンプレッサー:70ユーロ〜11,000ユーロ
    • スクリューコンプレッサー:200ユーロ〜16,000ユーロ
    • オイルフリ-コンプレッサー:70ユーロから
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
関連したガイド
コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です