パレットトラックを正しく選定するには?

パレットトラックは、重い荷物を運ぶ労働者の負担を減らすことを目的としたハンドリング装置です。 労力を無駄遣いせず、効果的に作業時間を短縮します。 パレットトラックにはいくつかの種類があります:手動半電動電動です。

 

パレットトラックを見る

  • どのようにパレットトラックを選定するか?

    パレットトラックを選定するには、次の事項を考慮しましょう:

    • 仕事環境: 屋内か屋外か。 屋内の場合、運搬する荷物の寸法や高さ、またアクセスのしやすさによる制限に注意する必要があります。
    • 用途に適した機器:手動式、半電動式また電動式
    • 最大の耐荷重
    • フォーク最高高さ
    • フォーク最低高さ

    用途に合わせてさらに選択条件を加えることができます。 例えば作業が腐食性また衛生的な環境で行われる場合は、ステンレス鋼製のパレットトラックを選択できます。 運搬をする際に重量を知る必要がある場合、パレットトラックにはかり機能を追加することもできます。 また、自宅で扱うパレットが標準パレットであることを確認し、その寸法に注意してください。

    よって次のような特徴がある様々なパレットトラックから選択できます:

    • 手動 :
      • 平均耐荷重: 2000kgから2500kg
      • フォーク最高高さ 300mm(まれに1mまで)
      • フォーク最低高さ  85mm
    • 半電動:
      • 平均耐荷重: 1000kgから1500kg
      • フォーク最高高さ 200mm
      • フォーク最低高さ 85mm
    • 電動
      • 耐荷重: 1000kgから1500kg
      • フォーク最高高さ 200mm
      • フォーク最低高さ 85mm
  • どうして手動パレットトラックを選ぶのか?

    JUNGHEINRICHの手動パレットトラック
    JUNGHEINRICHの手動パレットトラック

    ハンドルは、手動ポンプでパレットトラックの吊り上げ装置を操作します。 パレットトラックを動かすにはハンドルを引きます。 パレットトラックには、安全に回転するようにハンドルの軸を回転させるメカニズムがあります。 手動パレットトラックは傾斜が10%未満で、手入れの行き届いた滑りにくい地面にのみ適しています。

    手動パレットトラックの利点は、オペレータ-が特に資格を必要としないことです。 ただし荷物が落下したりハンドルや車輪が動かなくなった時のために、事故防止訓練をすることが必要です。 電動化されていないため比較的に軽量です。 目的地で使用するために、トラックで簡単に持ち運びできます。

    各用途に適切なパレットトラックがあります:

    • 長い・短いフォーク、また負荷に応じて調整可能なパレットトラック
    • 住宅地での真夜中の荷降ろしに最適なサイレントパレットトラック
    • 超平坦パレットトラック(普通より低い)
    • 使用開始時に補助が付いているパレットトラック
    • ポンプする回数が少なく、持ち上げが早いパレットトラック

    パレットトラックは、標準的な使用には鋼鉄製、湿気が多い環境や腐食しやすい環境、特に食品業界で使用される場合はステンレススチール製です。

    車輪はナイロン製(硬質な床での走行に最適で、重い荷物の取り扱いに最適)、ゴム製(静かで、湿った滑りやすい路面に最適)、ポリウレタン製(静かで柔軟)、ヴルコラン製(静かで、その高い耐久性のため地面に跡を残しません)です。

    長所:

    • 購入価格とメンテナンスの費用が安価
    • 電動パレットトラックより軽いので、楽に運搬できる
    • 資格なしで使用可能
    • 万能で全タイプのパレット、ダンボ-ル、大きい部品(例えばエンジン)、石油缶などを運ぶことができます

    短所:

    • あまりフレキシブルでない
    • 重量制限がある
    • 電動タイプや半電動タイプと比べ便利でない
  • どうして半電動パレットトラックを選ぶのか?

    BTの油圧パレットトラック
    BTの油圧パレットトラック

    2つのタイプの半電動パレットトラックがあります:電動で持ち上げ手動で移動するタイプと、その反対で電動で持ち上げるタイプと手動で移動するタイプです。 またハイブリッドタイプのパレットトラックもあります。

    手動タイプと比較した利点:

    • オペレータの負担が少ない
    • より効率的で生産性が向上する
    • 長距離に対応でき、大きな倉庫でも使用可能

    電動タイプと比較した利点:

    • より経済的
  • どうして電動パレットトラックを選ぶのか?

     STILLの電動パレットトラック
    STILLの電動パレットトラック

    電動パレットトラックの移動は、操作バーで駆動する電動牽引モーターを使用して行われます。 持ち上げは電動モーターによって駆動する油圧ポンプで行われます。 したがって全体が電動化されています。 電動パレットトラックを使うと、仕事はオペレータ-の負担が減ります。 また手動パレットトラックと比べより重い荷物を運んだり長距離を移動できます。

    長所:

    • オペレータにとって安全。
    • 幅広い荷物に対応
    • 生産性が向上する

    短所:

    • すこし値段が高い
    • メンテナンスによりコストがかかる 損傷した部品の交換費用がかかる。
    • 非常に重い荷物の運搬中は機械を停止することが困難。
    • より高度なオペレ-タ-のトレーニングが必要。オペレータ-はトレーニングを受け、免許を取る必要があります。
  • パレットトラックの寸法はどう決めるか?

    まずパレットトラックが運ぶ荷物の重量(kg)を決めます。 半電動パレットトラックのような電動パレットトラックは、手動パレットトラックよりも最大積載量が小さいことに注意しましょう。

    また持ち上げの高さも考慮に入れましょう。 平均の持ち上げ高さは200mmです。 荷物をより高く持ち上げる必要がある場合は、最大1mまで持ち上げが可能な高揚力パレットトラックを選びましょう。

    フォークの長さを決定する荷物の寸法(長さ、幅、そして場合によっては高さ)も知っておく必要があります。 長いフォ-クを選ぶと、持ち上げ高さが減少します。

  • どのタイプの車輪またローラーを選ぶか?

    Hanselifterのパレットトラック
    Hanselifterのパレットトラック

    各パレットトラックには2種類の車輪(またロ-ラ-)があります。フォークの下に小さい車輪が2つと操作バーの下に大きな車輪が1つあります。 小さい車輪は滑りやすいように最大約7.5cmの直径で 回転しません。 大きな車輪はステアリングホイールで、平均直径18m〜20.5cm(7〜8インチ)です。 それは機械を操縦することができるように回転します。 ハブはプラスチック製、スチール製、アルミ製の場合があり、平らな地面の場合普通のロ-ラ-で大丈夫です。 高さよりも幅が広く、ローラーはベアリングの有無にかかわらず利用可能です。 平らでない地面やのドックのドアを通過するにはボギーが特に適しています。 荷物は複数のローラーに分散されることで、ホイ-ルの磨耗が減少します。

    ハブの外装は様々な素材から選択できます。

    • ゴム:低騒音、路面への密着性が優れている、地面に印や跡を残す。 帯電防止オプション
    • パワーハーン:非常に低騒音、ゴムより長寿命、低摩耗、地面に跡を残しません。
    • ナイロン:より騒々しく、あまり潰れず、平らで硬い表面に重い負荷をかける場合に適しています。
    • ポリウレタン:低騒音、普通程度の荷物に適していて、地面に跡を残します。
    • 鉄/スチ-ル:重工業用、騒々しい、非常に堅牢、摩耗が少ない。
  • どの種類のフォークを選択するか?

    パレットトラックのフォークの長さは一般的に1150mmで、標準パレットの寸法に合わせています。

    より小さなパレットを扱う場合短いフォークのパレットトラック(600mmから1000mm)のモデルを選びましょう。 これらのモデルの利点は、かさばらないため保管が簡単です。 一方より大きな荷物の場合は、1300mmから3000mmの長いフォークのパレットトラックを使用できます。

  • 操作の仕方

    CROWNの電動パレットトラック
    CROWNの電動パレットトラック

    複数の位置があります:

    • 手押し型パレットトラック : パレットトラックを押しながら歩くタイプです。
    • プラットフォ-ムパレットトラック:半電動また電動パレットトラックは、運転席として機能するプラットフォームを装備しています。 立ったままの状態です。
    • 座るタイプのパレットトラック : フォークの表面また側面に一体型シートを備えています。
関連したガイド
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...
コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です