The online industrial exhibition

クラッシャ-の正しい選び方

クラッシャ-(破砕機)は、石の塊を決まった粒度でより小さな塊にする、機械的エネルギーを使用する機械です。鉱業では、鉱石ブロックのサイズを小さくし、処理を容易にするために使用されています。クラッシャ-は、対象物の最大サイズの塊が入るように設計されています。必要に応じて、複数の破砕工程を経る可能性があります。

得たい原石の細かさによって破砕機は分類されます: 1次また2次破砕機(粗め)、3次また4次破砕機(微粒子)。

クラッシャ-を見る

  • どのようにクラッシャ-を選択するか?

    選定時に必要な事項 :

    • 研磨性の度合いと硬度: 粉砕する破砕物とその特性、特にその研磨性と硬さを知ることは重要です。 また破砕物が耐えられる圧縮強度また最大力を評価する必要があります。
    • 寸法: 機械に入れる破砕物の最大寸法(平行六面体の長さ、幅、厚さ)を考慮する必要があります。
    • 粒子径: 破砕後の粒子径を定義する必要があります。
    • 能力 必要な処理能力(トン/時で表記)を決定すること。

    次に下記のような技術面からクラッシャ-を選択していきます :

    • ジョークラッシャー
    • コーンクラッシャー
    • ハンマークラッシャー
  • どうしてジョークラッシャー選択するか?

    Shibang Industry & Technology Groupのジョークラッシャー
    Shibang Industry & Technology Groupのジョークラッシャー

    ジョークラッシャーは1次破砕機です。 硬質および研磨性の 原料、例えば花崗岩、鉱石また再生コンクリートなどを粗砕きします。 このクラッシャ-は、固定した破砕板と「あご」のように揺動する破砕板との間で鉱石などを粉砕する機械です。 偏心軸は、回転によって揺動部を駆動します。 弾性ばねが揺動部を戻すことで固定部と揺動部との間に落下する破砕物を通過させます。破砕物が機械内の空間部分に落下できるように、徐々に十分小さくなるまで粉砕していきます。 揺動部の連続運動はモータとベルトによって駆動されます。 岩を特にコンクリートや道路に使用される小さな石に砕きます。

    ジョークラッシャーは、初歩的で信頼性の高い構造であり、メンテナンスやエンジニアリングに関する知識はあまり必要ありません。 業界では最も人気があるクラッシャ-です。 ジョークラッシャーは大きな塊を他の機械の下流装置で処理できる、小さな塊に縮小することが目的である場合に特に適しています。

    メリット :

    • 可動部が少ないため、メンテナンスや使用に費用がかからない
    • 原料を150mmまで細かくできます。

    デメリット :

    • 小さな原料(150 mm以下)には適していません。 その場合それは他のクラッシャ-と結合することができます。
    • 粘土や岩石が混ざった金属の処理には適していないこと。
  • どうしてコーンクラッシャーく選ぶのか?

    Metsoのコーンクラッシャー
    Metsoのコーンクラッシャー

    コーンクラッシャーの原理ジャイレートリークラッシャーと似ていますが、コーンクラッシャーの破砕室の傾斜が小さいです。 ハウジングの役割をするコンケ-ブで覆われているヘッドとボ-ルの間で原料は破砕されます。岩石は回転するヘッド(偏心)とボ-ルの間で破砕され、凹面のマンガンまたは固定ジョーで覆われています。回転ヘッドは耐摩耗性のシールドで覆われています。大きな破片は両あごの間で一度破砕され、それから再び破砕される低位置に落ちます。そして破片が破砕室の底にある開口部を通過できる程度の小ささになるまでこの工程を続けます。 コーンクラッシャーは、中程度の硬さから硬い範囲の鉱石や岩石を破砕できます。

    コーンクラッシャーは硬くて研磨性のある鉱石や岩石を破砕する能力としてよく知られてますが、二次破砕に適しています。 通常100 mm、150 mm、200 mmの原石を粉砕するように設計されており、破砕後は細かくなります。

    メリット:

    • 頑丈
    • 高生産性
    • 操作が簡単
    • 作業費用があまりかからないこのクラッシャ-は、バネ式解放システムを備えており、過度な負荷から機械を保護し、機械を傷つけることなく原料を通過させることができます。
    • 低価格

    デメリット:

    • 破砕できる原料の大きさが限られていること。 原料は機械に投入する前にサイズ調整されている必要があります(通常200mm以下)。
    • 多くの原料仕様で必須条件であるにもかかわらず、処理後の砕料が不均等であること。
    • ジョ-クラッシャ-のように、粘土や金属が混ざった岩石の処理には適していないこと。
  • どうしてインパクトクラッシャ-を選ぶのか?

    Weir Mineralsのインパクトクラッシャ-
    Weir Mineralsのインパクトクラッシャ-

    インパクトクラッシャーは、1次破砕機2次破砕機 また技術と寸法によりますが、3次破砕機としても使用できます。 一般的には、固体の大きな固まりを、回転するハンマー、鋼板、棒などによる鋭い打撃により粉砕する機械の事を言います。 高速で回転する円筒形のロータに衝撃板を取付け、落下する鉱石を衝撃力で破砕すると共に、さらにこれを固定された反発板に投げつけて粉砕します。   石が目的のサイズになるまで、これを繰り返します。 汚染された素材に適しています。 原料と混合された粘土、汚物また鉄筋、金網やボルトなどの金属を破砕できます。 硬い原料を粉砕することができますが、柔らかい~中程度の硬さの岩に特に適しています。 「ハンマークラッシャー」とも呼ばれるインパクトクラッシャーは、水平軸と垂直軸である場合があります。

    水平軸 : 立方体を形成し、 一次破砕と二次破砕の両方で大容量の処理能力で、最大限の生産性を確保できます。

    メリット:

    • 砂利を立方体にできるなど、破砕後のサイズをより適切に制御できます。

    デメリット:

    • 運用コストが高くなる可能性があること。
    • インパクトクラッシャーの破砕能力は、ハンマーとの衝突の際に破砕物によって蓄積されたエネルギーによるため、小塊を破砕することが困難なことです。***このエネルギーはハンマーの速度に依存しますが、小石の質量にも依存します。
    • 打撃部分の磨耗 小塊は破砕しながら重力により下降し、破砕室から出ていきます。 原料を送る量の変動も、打撃部分の摩耗に影響を与える可能性があります。

    垂直軸 : 高質な砂を製造することができます。粒状物の残りの最も弱い結合を壊すので、砂利をさらに細かく砕けます。 特にコンクリート用の砂の場合に、硬さと形状が最適な砂が得られます。 この機械は、粉砕のための回転エネルギーと打撃エネルギーを組み合わせたものです。

    メリット:

    • 生産性が高い
    • 高い破砕率
    • 省エネ
    • 安定した粒形

    デメリット :

    • 上質な完成品を得るためのみの使用。
  • クラッシャ-を選定するために考慮すべきその他の要素は何か?

    Kleemannの移動式クラッシャー
    Kleemannの移動式クラッシャー

    固定式クラッシャーは頑丈であるところが利点で、移動式クラッシャーは、必要な場所で利用できることが利点です。

    タイヤ型クラッシャ-は、トラックを使用することで工事現場で移動することができます。 通常自走式であり、追加のディーゼルエンジンの必要がありません。

    自走式クラッシャ-は、工事現場での作業に適しています。 トレーラー上に設置されることで簡単に別の工事現場へ運ぶことができます。 頻繁な移動のために設計されていて、タイヤ型クラッシャ-よりもコンパクトで軽いです。

    移動式クラッシャ-は固定式クラッシャーと同じタイプの粉砕を行います。 自走式ということからホッパーおよびコンベヤを搭載しており、また破砕物の排出を確実にする第2のコンベヤも搭載されています。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
関連したガイド
コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です