産業製品のオンライン見本市

フォークリフトを正しく選ぶ

フォークリフトは主に製造業において、重量物の取り扱いや倉庫入れで使用されています。最も一般的なフォークリフトは、バッテリーまたモータが動力源となっているカウンタ-バランスフォ-クリフトです。

フォークリフトは前方に複数のフォークを備えた油圧マストを備えています。3輪また4輪タイプがあり、後輪によって操作されます。

適切なフォークリフトを選択することは、運用コスト、生産性、および在庫管理に影響するため、会社にとって重要です。様々なフォークリフトがあり、各モデルは特定の作業が実行できるように設計されています。

フォークリフトを見る

  • どのようにフォークリフトを選べば良いか?

    適したフォークリフトを選ぶには、運べる荷重、持ち上げ高さ、動力のタイプ、車輪のタイプ、操縦方式などをチェックする必要があります。動力においては次の種類があります:

    作業場所の特徴もフォ-クリフトの選定には欠かせません:

    • 屋内また屋外
    • 高さ
    • 荷重への近づきやすさ
  • 電動フォ-クリフトを選択する理由

    電動フォ-クリフトは主に屋内で使用されます。

    メリット:

    • 排出量: 煙を出さないため環境に優しいです。 そのため屋内での使用に向いています。換気システムは必要ありません。
    • 大きさ: 燃料タンクを必要としないため、よりコンパクトで取扱いしやすく、貯蔵するのが簡単です。
    • 寿命: メンテナンスの必要が少ない。 バッテリ-交換ができるため、その分長持ちします。
    • メンテナンス費用が安いです。
    • 騒音: 燃焼がないため、他のフォ-クリフトよりも騒音が少ないです。

    デメリット:

    • 環境による影響を受ける可能性があります。
    • 内燃機関式よりも値段は高いです。
  • なぜディ-ゼル式フォ-クリフトを選ぶのか?

    ディーゼル式フォークリフトはコストがかかり、屋外での使用に適しています。

    メリット:

    • 荷重: 電動フォ-クリフトよりも高荷重に耐えられます(電動式は12,000Ibに対して、ディーゼル式は120,000Ib)。
    • バッテリ-が長持ちする

    デメリット:

    • 化石燃料の使用。
    • 排出: 屋内には適していない。
    • 購入価格がLPガス式より高く、使用コストはディ-ゼルを使用するため変動する。
    • 電動式より大きい。
  • ガスフォークリフトを使う理由

    ガス式フォークリフト は、液化石油ガス(LPガス)また圧縮天然ガス(CNG)で作動する内燃機関を使用しています。

    メリット:

    • 補充が早い。
    • 寿命が長い。
    • 屋内と屋外での使用が可能。
    • 環境汚染が少ない。

    デメリット:

    • カートの後部にあるタンクがかさばり、視界を妨げることがあります。
    • 電動タイプよりもメンテナンスコストが高い。
  • 動力比較表

     

     

    荷重 速度 汚染 使用場所
    ディ-ゼル 0~50トン 25-40 km/h 屋外 はい
    ガス 0~6トン <25 km/h 屋内/屋外 普通
    電動 0~3トン 25-40 km/h 屋内 いいえ

    *取り扱い距離

  • リトラクタブルマストまたカウンターバランスフォークリフト(リーチフォークリフト)?

    カウンターバランスフォークリフト超荷重用です。 フォークリフトの後方に重りをつけて、前方のフォ-ク上の荷重とのバランスをとっています。 主に屋内や滑らかな路面で使用されるこのタイプのフォークリフトには、調整可能な支持脚が装備されています。 倉庫で最も使用されており、 狭いスペースで有利な3輪タイプもあります。 

    伸縮マスト伸縮マストフォ-クリフトは、不整地用フォークリフトと同じくらい効率的です。 用途が広く、速くそして頑強です。 狭い場所で操作できるようになっており、倉庫内や物流会社、配送センタ-などで高い場所に貯蔵されている商品を回収できます。 マストは、運転席、フォ-ク部分とリフト部分を固定しながら全体を安定させます。 最も一般的なフォークリフトは、垂直フォークタイプです。

  • 異なるフォークリフトの中からどのように選択するか?

    オーダーピッキングトラック: ハンドリング、昇降、積み重ねに最適です。 おおよそ1~2トンの許容荷重で、 このタイプのフォ-クリフトの利点の中には、使用時の快適さとその速度です。最大傾斜が5〜10%の整備されている地面のみに適しています。 倉庫の廊下の両側から、在庫の受け取りを最適化するように設計されています。

    3輪電動カウンターバランスフォ-クリフト: カウンターウェイトの下の中央に1つまた2つの操向輪が取り付けられています。 3輪電動システムの利点は、通常の4輪電動フォークリフトよりも小回りが利くことです。

    4輪電動カウンターバランスフォ-クリフト: 後部に1つずつある操向輪は、複動油圧シリンダによって制御されています。方向転換の際に安定性があり、建設現場や倉庫での複雑な用途に適しています。 1000~3500kgの許容荷重。 機械や工具の設置などの重い作業に適しています。 小売店や金物店で、またその他の軽作業にも使用できます。

    多関節フォークリフト: フォークは関節を中心に回転し、ひっくり返ることがあります。 狭い倉庫やトレーラーの積み降ろし作業に適切です。サイドローディングフォークリフト:長い荷物を扱うために特別に設計された最初のフォークリフト。

    多方向フォークリフト: サイドローディングフォークリフトに取って代わりました。 オペレータ-は、あらゆる方向に高精度で長い荷重を操作することができます。

    全地形型フォークリフト: 頑丈で1〜50トンの荷物を持ち上げることができます。 多様性があり頑丈で速く、自然環境で動作するように設計されています。

  • フォークリフトの最大荷重はどのように選択するか?

    フォークリフトの最大荷重を選択するには、以下の事項を知る必要があります:

    • 運ぶ荷物は何か。
    • オペレ-タ-の体重。
    • 一番重い荷物の重量。
    • 荷物の寸法(m)。

    処理する荷物のタイプを知ることも大切です。 標準的なフォークリフトの機能を向上させ、荷物をより効率的に移動させるためのが付属品が用意されています。 荷物の寸法でフォークの長さと作用点が決定されます。フォークが長いほど、リフトの高さが低くなります。

  • 車輪数はどう選択するべきか?

    3輪タイプは、例えばガーデンセンターや日曜大工店内、そして選択的ストックと高めの棚がある倉庫などに最適です。 4輪タイプは、急な斜面での重い荷物の移動や用大型機械の移動に最適です。 でこぼこな表面での持続性は、難しい作業にも耐えられることを意味します。

    • 3輪のメリッ :旋回半径と低コスト。
    • デメリット : 最大荷重が2500kgであること。 2500kgに近づくと、フォークリフトは不安定になりカ-ブしがちになります。 起伏の多い場所や砂利上では使用が難しいです。
    • 4輪のメリット:荒くてでこぼこの表面に最適。 積載量は最大8000kgです。
    • 安定性
    • デメリット :旋回半径は限られており、4輪車は3輪車よりも高価です。
  • フォークリフトを選ぶ際に考慮すべき他の基準は何か?

    オペレ-タ-のためのフォ-クリフトのエルゴノミクス作業をしやすくするには、運転手の体位が変えやすく出入りが簡単で、より良い視認性を確保するために背骨と頭を動かしやすい広めの運転席が理想的です。 また振動を避けスムーズで遮られない地面上で作業すること、荷積み/荷降ろし作業中は時速9kmから6kmまで減速すること、そしてタイヤが良好な状態で運転することも大切です。

    タイヤ

    • 弾力性ソリッドタイヤ: 厚いゴム層を持つ金属製ラジアルカーカスで屋内と屋外での使用が可能で、長距離移動ができ、快適で車体が安定しています。
    • ソリッドラバータイヤ: 重荷重のために設計されおり屋内使用、優れた安定性。 寿命は弾力性ソリッドタイヤより3倍長い。
    • ノンマーキングタイヤ: 屋内作業用で、床に走行跡や操舵跡を残しません。
    • ノ-パンクタイヤ: 平らでない不安定な地面に向いており、パンクしません。
関連したガイド
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...
コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です