ドローンを正しく選ぶには

ドローンとは無人航空機(UAV)のことで、遠隔操作が可能です。この購入ガイドで紹介するドローンは、民間、商業、産業用ドローンです。業務用ドローンは、遊び用のドローンよりも堅牢で、サイズも大型で、積載重量が高いです。

ドローンを見る

  • 業務用ドローンの選定

    ドローンを選ぶ時にまず注目すべき点は、固定翼回転翼のどちらを選ぶかで、これは用途により決まります。 翼の種類は、ドローンの操作飛行時間に大きな影響を与えます。例えば固定翼は空中停止ができないので、空中停止する必要がある場合は、回転翼を選びます。  

    飛行時間もドローンを選ぶ上で大変重要な要素です。 飛行時間が数十分、15分、30分のドローンもあれば、数時間のものもあります。ドローンの飛行時間は、固定翼の方が長いです。また天候の影響を受けやすく、風が強い日は、バッテリーの消費が早く、飛行時間はより短くなります。

    また積載重量にも注目しましょう。 ドローンには一定の重量の機器(測定装置、ビデオ、センサー)が搭載されており、輸送物や書類を収納できる収納が装備されているものもあります。特に輸送用ドローンを購入する場合は、事前に必要な積載重量をよく確認ことをお勧めします。数kgから50kgまで輸送可能です。

    特徴:

    • 翼のタイプ(固定翼/回転翼)
    • 飛行時間
    • 積載重量
  • 固定翼と回転翼について

     

    Delairの固定翼式ドローン

    ドローンの違いは、翼のタイプ(固定翼・回転翼・マルチローター)にあり、それぞれに長所と短所があります。

    固定翼式ドローン平な羽根を持っており、回転翼式ドローンと比べ少ないエネルギーで飛行するため、長距離飛行向きです。 そのため地図作成や農薬散布などの長時間の作業には、固定翼式ドローンをおすすめします。

    また固定翼式ドローンは、回転翼式ドローンより高い高度と速度で飛行するため、同じ時間でより長い距離をカバーすることができます。

    さらに回転翼式ドローンよりも重い荷物を運ぶことができます。固定翼は優れた安定性を提供し、50kgまでの荷物を運ぶことができます。ただし空中停止ができないことをお忘れなく。

     

    Hélicéoの回転翼式ドローン

    回転翼式ドローンはヘリコプターと同じように動作します。垂直離着陸が可能であり、 空中停止能力を持っているため、産業機械や設備の監視点検に適しています。

    ただし飛行時間は固定翼式ドローンよりも短く、速度も遅いため、何度も飛行させる必要があります。 またその精巧な構造から、複雑で定期的なメンテナンスが必要です。

    マルチコプタードローンは、複数の小径ローター(一般的な機体には4つ6つ8つのローター)を搭載したドローンで、シングルローターのドローンに比べて安定性が高く、空中停止が可能なため、操作が簡単です。

    しかしエネルギー消費が大きく、気象の影響を受けやすいのが欠点です。

    そこでハイブリッド構造(固定翼+回転翼)のドローンがあることもお忘れなく。 VTOL型ドローンと呼ばれるこのドローンは、高速で安定しており、飛行時間も長く、垂直離着陸が可能です。ただし空中停止はできません。

    長所 短所
    固定翼式ドローン
    • 長距離
    • より速い
    • より重い荷重
    • 最高高度
    • エネルギー消費が少なく、長距離飛行可能
    • 空中停止不可能
    • 垂直離陸が可能
    回転翼式ドローン
    • 操作が簡単
    • 空中停止可能
    • 垂直離着陸可能
    • 飛行時間が短い
    • 飛行速度と積載重量の低減
    • 定期的なメンテナンスが必要
    マルチローター
    • 操作がしやすい
    • 空中停止可能
    • 垂直離着陸可能
    • 飛行時間が短い
    • 飛行速度と積載重量の低減
    • 定期的なメンテナンスが必要
    • 気象条件に左右されやすい
    ハイブリッドドローン
    • 飛行時間が長い
    • 速い
    • 積載重量が高い
    • 垂直離着陸可能
    • 空中停止不可能
  • 業務用ドローンの用途について

     

    Ageagleのドローン

    業務用のドローンは、その翼の種類に応じて、様々な用途に対応できます。
    例えば農業には、土壌分析農薬散布農業用ドローンが役立ちます。

    またドローンは地形学にも欠かせない存在となっています。距離、湿度、温度、高さ、その他の重要な測量を同時に正確に行うことができ、高度150メートルまでの広範囲の測量ができます。その分析速度は、測量士の時間を大幅に節約することができます。このようなドローンは、収集したテレメトリデータを使用して、インタラクティブマップを作成するための特殊なソフトウェア(最も有名なのはCardinal)と機能します。ただし、地形調査に重要な空中停止飛行は、回転翼やマルチローター、VTOL型ドローンでなければできないことに注意しましょう。

    ドローンはその他の業界でも使用されています。不動産業界や映画業界では、空から写真(時には360°)や映画を撮ることが増えています。 これらのドローンは、セキュリティーの分野でも使用されていて、例えば危険な状況下にある人の居場所を素早く特定することができます。

  • 最新のドローンについて

    業務用途だけでなく、個人の間でも利用が増えているドローンは、常に改良され続けています。

    最新のドローンの中には、ビジョンセンサで障害物を検知できるものもあります。また、メモリー機能を搭載したドローンの中には、物体の位置を記憶し、3Dマップで障害物を回避することができるものもあります。また、新しいシステムにより、霧の中などの様々な気象条件で飛行できるようになりました。

    ドローンによって収集された情報は、ますます正確さが増しており、情報伝送速度も上がっています。例えば航空機の安全点検に使用すると、たった10分で信頼性の高い分析を行い、見つけにくい異常を発見することができます。

関連したガイド
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...
コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。