ウィンチの正しい選定

ウィンチとは、「ドラム」と呼ばれる水平のシリンダーまたは「ナット」の周囲を回るチェ-ンを介して荷重を引き上げたり持ち上げたりする機械です。 ウィンチは、手動、電気、熱、空気または油圧駆動であり、金属工業や重い荷重の持ち上げと移動を行う建設業、船の持ち上げをする海事部門、自動車の牽引をする自動車部門などの産業部門で活用されています。垂直持ち上げ(荷重の水平牽引)のために設計されたウィンチは、牽引作業用に設計されたウィンチよりも厳しい基準に準拠しなければなりません。

ウィンチを見る

  • ウィンチをどう選ぶか?

    PLANETA-Hebetechnik GmbHのウィンチ
    PLANETA-Hebetechnik GmbHのウィンチ

    どのタイプのウィンチを選ぶかは、まず次の事項を決定しましょう :

    • ウィンチの使用方法  : 荷重を持ち上げ水平また傾いた面上を移動させるかどうか
    • どのような分野に使用されるか? ウィンチは、海事産業や自動車産業といった様々な産業で使うことができます。
    • どのような荷重を持ち上げたり牽引するか?
    • 荷重の移動距離はどれぐらいか? 牽引装置が巻き付けられるドラムのサイズが適当な大きさであること、ロープまたはチェーンの長さが十分であることを確認する必要があります。

    原動機のタイプなども考慮に入れます。 ウィンチは、電動、油圧、熱、手動式などがあります。 ウィンチは、一般的にケ-ブル、ロ-プまた連続した層でドラムの全幅にわたって渦巻きを形成するチェーンなどを巻き取るための機械です。

  • ウィンチにはどの原動機を選定するか?

    HUCHEZの燃焼エンジンウィンチ
    HUCHEZの燃焼エンジンウィンチ

    ほとんどのウィンチにはモ-タ-が付いていますが手動式のウィンチもあり、特に使用頻度が少ない場合や電源が見つからない環境の場合に利用されます。 ウィンチには、大きく分けて4つの原動機があります : 電動モ-タ-、燃焼エンジン、油圧駆動、そして手動式。

    電動ウィンチは2つのカテゴリ-に分かれます : 電気配線に接続されたモ-タ-とバッテリ-駆動するモータ-に分かれており、例えば自動車やトラックなどに取り付けられています。 電動式ウインチはとても熱くなるため、断続的に使用することを意図しています。 荷重がかなり重い場合や過度の使用をする場合には、ヒューズを損傷することを避けるために、温度ヒューズを備えたウィンチを使用することをお勧めします。 また過熱を避けるために、必要以上の荷重の重さに対応できるウインチを選びましょう。 バッテリー式のウィンチを選ぶ場合は、使用するバッテリーが電力供給に十分であることを確認してください。 12ボルト電源では400アンペア以上のピーク消費を持つことができます。

    燃焼エンジン式のウィンチ は電動ウィンチと比べ最も重く値段も高いです。 一般的に燃焼エンジン式のウィンチは、デューティ比が100 %なので連続的に使用できます。

    油圧ウィンチは、ドラムを駆動する油圧回路に接続されています。 デューティ比は100 %なので重荷重用です。ただし油圧回路は次の使用条件に適していなければなりません : 油圧ウィンチは160barsまでの圧力を必要とする可能性があり、流用は60リットル毎分に達する可能性があります。 これらのウィンチは特に船やオフショアプラットフォームで利用されています。

    手動式ウィンチは軽い荷重向けです。 電源に接続する必要がないため、操作が簡単です。

    4つの主要なウィンチのタイプ :

    • 電動式ウィンチ
    • 燃焼エンジンウィンチ
    • 油圧式ウィンチ
    • 手動式ウィンチ
  • なぜ手動式ウィンチを選ぶのか?

    haacon hebetechnik gmbhの手動式ウィンチ
    haacon hebetechnik gmbhの手動式ウィンチ

    手動式ウィンチは、牽引速度に応じて1人または複数の人によって操作されなければなりません。 手動式ウィンチはクランクタイプ(作動させるには連続回転運動を行う必要があります)またレバ-タイプ(作動させるにはポンプする必要があります)の場合があります。 これらのウインチは、一般的に牽引または持ち上げ装置の巻き取りによって手動で操作されることが目的となっています。

    牽引装置の巻き戻しが荷重の重量の影響下で行われるため、遮断装置が装備されています。 これらのウィンチは、主に中程度の荷重を持ち上げるために使用されています。 通常、手動式ウインチの持ち上げ能力は最大2トンに制限されています。 熱機関を備えた自走式ウインチを使用できず、近くにエネルギー源がない場合に使用されます。

    手動式ウィンチの選定基準

    • 中負荷(最大2トン) 
    • エネルギー源の欠如
  • ウィンチの大きさはどのように決定するか?

    ウィンチのサイズを決めるには、牽引できる荷重また最大荷重を知るべきです。事故のリスクを避けるために、荷重は持ち上げたり牽引する最大重量より大きくなければなりません。 通常、牽引する荷重の2倍の牽引力が必要です。 最低でも50%の安全マージンを考慮する必要があります。

    ウィンチの許容荷重は、通常ポンド(lbs)またキログラム(kg)で表示されていて、 1ポンドは0.45kgです。 また牽引するものの長さに応じて、巻き上げ機は連続した層でドラムに巻かれ、メ-カ-は第1層のウィンチの能力を表示することを考慮に入れるべきです。

    ケーブルまたチェーンは段々と巻かれ、巻線の直径が大きくなるにつれてウィンチの速度も上がります。 しかし巻線の直径が大きくなりトルクが増大するため、ウィンチの牽引能力は減少します。 ウィンチ牽引能力の減少は、巻き上げられる層ごとに13%とみなします。

    お探しのウィンチが決まった荷重を持ち上げる場合は、メーカーが指示する荷重が牽引荷重だけでないことを確認してください。 ウィンチの回転速度とドラムの直径は、使用用途に適していなければいけません。これら2つの値は、ウィンチの牽引速度を決定します。 空のウィンチの回転速度と全負荷時の牽引速度を区別する必要があります。 一般的にウィンチは毎分約1.5メートルの牽引速度です。 ウインチの速度が速いほど、消費エネルギ-は大きくなります。

    ウィンチの大きさの選定基準

    • 荷重
    • ドラムの直径
    • ウィンチの回転
    • 牽引速度
関連したガイド
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...
コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です