昇降台を正しく選ぶには

昇降台は、荷物を持ち上げたり、降ろしたり、ある高さまで持ち上げたりできる荷台です。 静止していても移動していても、油圧シリンダーシステムのおかげで、数キロから数トンの荷物を、数メートルの高さまで持ち上げることができます。

一般的に貨物用エレベーターの代用として、また作業場やガレ-ジで使用されています。

昇降台は、主にシザー技術を使用していますが、コラム型もあります。 この購入ガイドは、最も一般的なシザー昇降台に焦点を当てています。

昇降台見る

  • 昇降台の選び方?

     

    HYMOのはさみ昇降台

    昇降台は、ほぼすべての作業環境に適しています。 正しく昇降台を選択するには、3つの事項を決定する必要があります。技術の種類、技術的特性、そして移動性です。

    どのタイプの昇降台を選ぶか?

    昇降台には、シザ-、コラム型またベローズなどのタイプがあります。

    • シザ-昇降台(シングル、ダブル、タンデム) :
      • コラムタイプの昇降台と比較して安定していて頑丈です。
      • 一定の精度が要求される垂直作業に適しています。
    • コラム昇降台また ベロ-ズ昇降台:
      • ハンドリングのツールとして特別に設計されています。 そのためシザー昇降台とは異なり長時間の取り扱い作業に適しています。
      • またシザー昇降台ほど安定していません。
     

    Lift Productsのコラム昇降台

    リクライニングできる昇降台もあります。 昇降台は傾斜させることができます。 作業員には、角度を5°から40°に変更するオプションがあり、モデルによっては、最大3トンの荷重を持ち上げることもできます。

    移動式か固定式か ?

    • 固定式昇降台は、動かすことができない作業場や、反復作業に適しています。
    • 移動式昇降台は、移動する必要が頻繁にある作業に適しています。ただし固定式産業用マニピュレーターよりも場所を取ります。
  • 昇降台を選ぶ際に考慮するべき技術的特徴とは?

    積載量 :

    • 100kgから4トンまで選べます。

    サイズ:

    • 昇降台のが大きいほど、積載量が大きくなります。

    揚程:

    • 揚程は、台の最小と最大の高さで決まります。
      • 最小の高さ:折りたたみ時の高さが低いため、荷物を簡単に載せられます。超平らな昇降台は床レベルで、荷物を台に押しながら載せることができます。
      • 最大高さ:荷物を約10mの高さまで持ち上げることができる昇降台もあります。ただし持ち上げる高さが高いほど、値段は高くなります。

    プラットフォームのサイズ :

    • 荷物が置かれる台のサイズで、ミリメ-トル単位で表されています。

    1時間あたりのサイクル数

    • 昇降台が耐えることができる使用頻度です。

    持ち上げ時間

    • 台が展開する速度です。

    技術的特徴:

    • 積載量
    • 揚程
    • プラットフォームのサイズ
    • サイクル数
    • 持ち上げ時間
  • 昇降台の操作方法の選び方?

    昇降台の操作方法の選択は、用途や必要な積載量から決められます。

    最も一般的な昇降台の設計には、主に油圧シリンダーと、持ち上げ操作する電動ポンプが使われています。 このシリンダーは、電動また手動制御によって作動します。

    昇降台は、空気圧シリンダーで駆動することも、台形ネジとプッシュチェーンで機械的に駆動することもできます。そして電動、手動制御で操作されます。

     

    Boscheの移動式昇降台

    操作方法の選択:

    • 手動式昇降台:
      • 通常リフトポンプを操作するためのペダルまたレバーが装備されています。
      • ブレーキ付きのタイヤが装備されているため、移動が可能です。
      • 手動式昇降台は、250kg〜500kgの荷重に耐えることができます。
      • 値段は高いですが、最大1トンの荷重に耐えることができるものもあります。
    • 電動昇降台:
      • より頑丈で、最大4トンの荷物を持ち上げることができます。制御装置は、3つのボタンで構成されています(上、下、非常停止)。
      • 電動操作により、必要に応じてリフトの高さを変えることができます。
      • 固定式昇降台以外にも、一部の移動式昇降台も電動で操作できます。
  • どのタイプのシザー昇降台を選ぶべきか?

    シザー昇降台は、プラットフォームが非常に安定しています。持ち上げられている物体が不均衡になったり、落下したりするリスクがありません。 そのため、作業員は安全に作業ができます。

    他にも多くの利点があります:

    • 流動的で正確な垂直作業を可能にします。
    • 非常に頑丈で、ほとんど壊れません。 そのためメンテナンスコストは非常に低くなります。
    • 操作が簡単で、高さ調整も簡単でスムーズです。
    • 電源障害が発生した場合は、設定した高さで停止し、突然降下しません。
    • 移動可能(車輪の追加可能)にすることができ、例えば固定式産業用マニピュレーターよりも作業の幅が広がります。
    • オペレータが荷物を持ち上げずに、昇降台に直接押し込むことができる、最も低い高さです。
    • 超平面モデルでは、ピットを設置する必要はありません。

    最大の高さと積載量に応じた1段シザー、2段シザー、3段シザーなどの昇降台があります。

    • 一段シザー昇降台
      • 用途が広く、取り扱いが容易です。
      • 異なる高さに対応できます。
      • 特に生産や物流システムに適しています。
     

    Edmoliftのダブルシ-ザ-昇降台

    • 2段また3段シザー昇降台
      • 垂直に取り付けられた複数のハサミが装備されており、1段シザー昇降台よりも高く上がります。
      • 作業台、貨物用エレベーター、エレベーター、身体の不自由な人向けのエレベーター、パレットフォークリフトとして使用されます。
    • タンデム昇降台
      • 水平に取り付けられた2組のはさみが装備されており、理想的なプラットフォームの長さと、持ち上げ能力を提供します。
      • 長くかさばる負荷に対応できます。
  • 昇降台の使用用途?

     

    ASTRAのシ-ザ-昇降台

    多くの産業分野で使用されている昇降台は、筋肉への負担を可能な限り減らすことで、作業員が作業をしやすくします。 以下は、昇降台の主な使用用途です。

    荷物に持ち下げ

    • 車両(車、トラック)
    • 数トンのスチールコイル
    • 商品

    Onder Liftの昇降台

    また、次のように使用されます:

    • 身体の不自由な人のためのエレベーター
    • 生産ラインの物流コンベア
    • 作業用プラットフォーム

    持ち上げとリクライニングができることから、次のように使用されています:

    • 傾斜台
    • パレットリフター
    • リフタ-ダンパ-
関連したガイド
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...
コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です