PCパネルを正しく選択するには?

パネルPCは従来の産業用コンピュータ-と、便利なタッチスクリーンを組み合わせたものです。 これらはオールインワンPCの産業版です。信頼性の高いコンポーネントで構成されており最小の設置面積です。 パネルPCはコンピュ-タ-業界の最新技術を取り入れているため、より強力でスマ-トになり、過酷な状況にも耐えられるようになっています。 最新のパネルPCでは、構成、操作、取り付けに関してさまざまなオプションがあり、ほぼ全ての産業用途に適しています。

パネルPCを見る

  • どのようにパネルPCを選択するか?

    WinmateのパネルPC
    WinmateのパネルPC

    産業用パネルPCを選択するには、まず用途と使用環境を決定する必要があります。 作業環境と用途によって次の事項が決定できます:

    • 3.5インチからのサイズ(約9cm)
    • 画面フォーマット
    • 画面の解像度
    • 明るさとバックライト付きディスプレイの選択
    • タッチオプション(抵抗膜方式タッチスクリーンか静電容量方式タッチスクリーン)
    • 画面の硬度は主に3つあります:半硬化、硬化および高硬化。 硬化のレベルは落下、振動、極端な温度などに耐える能力です。
    • 統合と固定

    必要な用途と希望するパフォーマンスに応じて、パネルPCの選択肢には他の特徴も考慮に入れられます。

    • プロセッサーのタイプ
    • メモリ
    • 貯蔵
    • 拡張ポート(例:追加のビデオ出力)
  • パネルPCにどのタッチパネルを選ぶべきか?

    タッチスクリーンは画面(スクリ-ン)とポインティングデバイス(マウス)の機能を兼ね備えています。 2つのスクリーン技術があります:

    • 抵抗膜方式タッチパネル:

    これらのタッチパネルは、絶縁層によって分離された2つの導電層から形成されています。 ユーザーが層に触れると2つの導電膜が接触し、電流を循環させます。 システムは導電層の抵抗率の変化を検出し、スクリーン上の接触点の座標を決定します。 抵抗膜方式タッチパネルはタッチペン、手袋をはめた手、指、指の爪などのあらゆる圧力に反応します。 水、グリースおよび塵に対して抵抗力があります。

    静電容量方式と比較して、特にタッチペンと一緒に使用した場合、スクリーンはより正確に動作します。 製造コストはとても低いです。 一方抵抗膜方式は、引っかき傷やその他の損傷に対してより敏感です。 また静電容量方式よりも反応が遅く、時間が経過するにつれて反応性が低下します。 抵抗膜方式は透明性が低いため、画面の明るさの20〜25%が失われ、層の蓄積は有害な反射を引き起こす可能性があります。

    • 静電容量方式タッチパネル :

    この技術は、ガラス板上に置かれた層が電荷を蓄積します。 指で層に触れると電荷が転送されます。 これにより層に測定可能な不足(静電界の遮断)が生じ、センサーが影響を受ける位置の座標を決定します。 手袋を着けたままだと機能しません。
    「マルチタッチ」の場合は、投影型静電容量方式でタッチペンを使用する必要があり、 より分厚い画面で機能します。 そのため非常に耐性のあるシールドガラススクリーンで画面を覆うことができます。 静電容量方式スクリーンは明るく、タッチパネルは90%以上の透明度を保証します。

    抵抗膜方式タッチパネル 静電容量方式タッチパネル
    利点
    • あらゆる圧力に対応
    • 水、グリース、埃に対する耐性
    • 精密さ
    • 価格
    • 過酷な環境に対する耐性
    • より明るい
    • より敏感、反応が早い
    • マルチタッチ使用に適切(投影型静電容量方式)
    • より堅牢:シールドガラススクリーンで覆うことができます(投影型静電容量方式)
    デメリット
    • 傷やその他の損傷により敏感
    • 静電容量方式よりも反応が遅い
    • 画面の明るさの20〜25%を消費する
    • 有害な反射につながる可能性がある
    • 手袋を着用していると動作しない
    • 最も高い技術
    • 湿気に弱い

    マルチタッチタッチスクリーンを使用するとユーザーは、画面に複数のタップ(複数の指)を同時に適用し、操作を開始できます。 使い方は非常に直感的で、一般的な操作で最も簡単なものはズームと回転ですが、マルチタッチでは画面をスキャンするだけでページを変更することもできます。 マルチタッチのもう1つの利点は、危険な操作に両手で対応できることで、これは作業員のエラーを防ぐための効果的な方法です。

    マルチタッチスクリーンはインタラクティブなため、教育の現場や共同作業の場よく使用されています。 一方HMIソフトウェアはこの機能を利用できない可能性があるため、選択する前に確認する必要があります。

  • 統合や取り付けのタイプ

    KONTRONのラックPC
    KONTRONのラックPC

    PCパネルの環境や用途に応じた取り付け方法は複数あります。

    作業機器(車両、PLCなど)や設置場所(テクニカルキャビネット、キオスク)にどのように統合するかを検討することが重要です。 次の選択肢があります:

    • ラックマウント型PCパネル(ラックマウント用ベゼル、金属製フレーム、サーバータイプ)
    • 前面から挿入できるフレーム付きパネルPC(パネルマウント)
    • スチール製やステンレススチール製の一体型キャビネット、デスクタイプ(デスクトップ)、またVESA(アーム、スタンドや台)を備えたパネルPC
  • 産業用パネルPCの用途

    WINMATEの産業パネルPC
    WINMATEの産業パネルPC

    産業パネルPCは、HMIのように産業用PLC、流通また支払機(例えばインタラクティブディスプレイ)、および作業員の介入を必要とする多くの分野で利用されています。

  • 能動冷却(ファン付き)かファンレス(ファン無し)か?

    パネルPCでファンを使用するかどうかは、汚れやほこりの量によって決まります。

    「ファンレス」とも呼ばれるファンレスパネルPCは、伝導冷却を使用しています。 ファンレスPCパネルは完全防水なので、汚れた環境での使用に理想的です。 空気の排出がないため、汚れやほこりが侵入することはありません。 さらにキャビネットのドアやキャビネットに直接設置することもできます。

    しかし「ファンレス」冷却は、従来のファン冷却よりも放出できる熱が少ないです。 したがってエネルギーを大量に消費する用途にはあまり適していません。

    ファンレスの利点:

    • 伝導冷却
    • 完全防水
    • 汚れに強い
  • 保護規格は何か?

    パネルPCの使用方法に応じて適用される規格は次の通りです:

    • IPコ-ド: 必要なIPコ-ド(保護等級)を選択するためには、環境条件を理解する必要があります。 最初の数字は個体に対する保護を示し、2番目の数字は水や液体に対する保護を示します。 産業用パネルPCは通常IP65IP67(NEMA 4またNEMA 6)を備えています。
    • IKコ-ド:2桁が続くIK指数は、ジュールで表される衝撃エネルギーに対する保護を示す「機械的保護」指数です。 特定の高さからの特定の重さの質量と同等です。 例えば、xx = 01 =>材料は0.15ジュールの衝撃エネルギー(10cmの高さから150gの質量の落下に相当する衝撃)に対して保護されています。
    • ATEX指令: ATEX規格 は、爆発性のある環境で働く人々のための指令です。
    • MIL-STD-810G/Fは堅牢性を示すアメリカ規格です。 この規格は米軍向けに開発されたもので、現在は環境条件に対する製品の適合性を示すために商業に使用されています。
関連したガイド
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...
コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です