マーキングマシンを正しく選択するには

マーキングマシンは製品に永久的、また少なくとも耐久性のある刻印を作ります。 食品業で使用される材料、部品や機械の識別および追跡、あるいは有効期限の刻印が主な用途です。 マーキングマシンと産業用プリンターは同じものではありません。産業用プリンターは他の購入ガイドで説明されています。

マーキングマシンを見る

  • どのようにマーキングマシンを選定するか?

    マーキングマシンの選定には、刻印したい物の素材(ダンボール、金属、ガラス、木、プラスター、プラスチック、ゴムなど)を知ることが大切です。 また耐久性刻印の寸法必要な解像度精密度そしてスピードを決定することが重要です。 さらに機械の構成について考慮しなければなりません:持ち運び・移動が可能かどうか、台(ベンチトップ)上に設置するか生産ラインに統合するかどうかなど。

    製品の識別とトレーサビリティを簡単にするための3つの主要技術があります:

  • どのように機械的マーキングマシンを選定するか?

    機械式マーキングは、くぼみを使うため永久にその跡が残ります。 仕上がりの美しさ、マーキングのスピード、そして刻印される素材によって選択するマシンは変わってきます。

    OPの回転式マーキングマシン

    回転式 :

    刻印される部分が円筒形である場合、刻印用工具が2つのローラーの支持部に配置されている刻印部分と接触します。 刻印工具は刻印対象物を転がし、好きな深さで刻印できます。 刻印対象物が平らであれば、転がる刻印工具の下で固定されます。 この操作は手動でも電動(電動)でもできます。 この技術は金属(真鍮、スチール、アルミニウム)とプラスチックに適しており、 主に機械産業、航空業界、自動車産業、また冶金学で使用されています。

    MARKATORの打ち出し式マーキングマシン

    打ち出し式 :

    回転式のマーキングと同じ原理で作動しますが、刻印される物体を転がす代わりに、マーキングツールがそれを打ちます。 この技術は、スチールやステンレス鋼などの非常に硬い材料に適していますが、プラスチック、革、木材にも適しています。 自動車産業、プラスチック産業、また鍵屋にも利用されています。 移動式か生産ラインに統合もできます。 空気圧式または手動式です。

    Technomarkのマイクロ振動式マーキングマシン

    マイクロ振動式 :

    不規則な面や曲面を刻印できるの技術は、軸Xおよび軸Yに沿って2つのモーターを備えた制御ユニットで移動する打印器を使用します。 文字や数字、枠、またDatamatrixのロゴやコードに使用できます。 マイクロ振動による刻印は、空気圧式また電動式のどちらかで、前者は深い刻印向きです。 自動車産業、航空(金属やプラスチック材料)、機械工学、IDプレートのマーキング、およびDatamatrix 2Dコードで使用されています。

    Pryorのスクライブ式マーキングマシン

    スクライブ :

    スクラッチマーキングは、硬い材料から柔らかい材料(プラスチック)まで、文字を掘ることができます。 カーバイド製やダイヤ製の打印器は、X軸とY軸に沿って移動し、文字を刻むことができます。この技術はマイクロ振動よりも静かで、 生産ラインに統合することができます。 自動車産業、冶金学、エネルギーおよび輸送分野、建設分野で使用されています。

    Matthews Marking Systemsのホットマーキングマシン

    焼印 :

    焼印は打撃式刻印と同様の操作です。 刻印される部分はマーキングツールを装備した加熱ブロックと接触します。 熱は刻印される表面を柔らかくし、素材を貫通できるようにします。 色を転写するために、ツールと刻印される物体との間にフィルム(リボン)を挿入できます。 手動か空気圧の場合があります。 プラスチック産業、建築や家具の分野、皮革産業、広告産業等で木材、プラスチック、皮革および食品(肉を含む)などの多くの材料に使用されています。 機械は作業台に置かれるか、生産ラインに統合されます。

    機械マーキングの利点は数多くあります :

    • 持続する刻印。
    • 変質しない刻印。
    • 刻印の深さの調整が可能。
    • パソコンによる刻印の制御
    • 非常に簡単にカスタマイズ可能。
    • 手動か自動。
    • 生産ラインに統合できるタイプ、持ち運びや移動可能なタイプ、また固定式(テーブル、ベンチトップなどの表面に配置するため)のタイプなどがある。
    • 機械は衝撃や極端な温度に非常に強いため、特に過酷な環境に適している。
  • どのようにレーザーマーキングマシンを選定するか?

    TECHNIFORのレーザーマーキングマシン

    レーザーでの刻印はレーザー彫刻とも呼ばれ、PCで制御される反射ミラーのシステムによって導かれるレーザービームで行われます。
    ソフトウェアは文字、2Dコード、Datamatrixコード、バーコード、またグラフィックなどの全組み合わせが可能です。 レーザーマーキングマシンは移動式と生産ラインに統合されている場合があります。

    利点:

    • 持続する刻印。
    • 刻印が美しい。
    • 柔軟性がある。
    • 非接触の刻印。壊れやすい物にも使用できる。
    • グレースケールを作れる。
    • 均一性と一定の深さ。
    • 変質しない刻印。
    • サイズや素材を変化させない。
    • 高速(数秒で刻印)。
    • 寿命が長い。
    • コンピューターを介しての操作。
    • 環境に良い(インクや溶剤が不要)。
    • 事実上すべての素材(金属、ポリマー、エラストマー、セラミック、複合材料)に対応。
    • 停止時また回転時に刻印できる機能。
    • 大量生産なやオリジナルな刻印ができる。
  • どのようにインクジェットマーキングマシンを選定するか?

    Eastmanのインクジェットマーキングマシン

    インクジェットマーキングは速く、質の高い刻印ができます。 UVインクまたインクは、エタノールと水がべースになっていて乾燥が速いです。 インクジェット技術はDODバルブ方式、非接触で連続ジェットのCIJ方式、圧電型また熱型です。 小さなインク滴の遠隔投射は、ワークピースやマーキングヘッドが動いている間に図形、ロゴ、コードおよび文字を刻印できます。 また様々な刻印のサイズに対応できます。 インクジェット刻印は、特に以下の用途で広く使用されています:

    • 自動包装チェーンでの包装および再包装
    • 継続的に製造また運搬される製品
    • 連続製造プロセス(ケーブル、パイプ、フィルム、プレートなど)
    • 自動またロボット製造(金属、プラスチック、木材、セメントなど)
  • 刻印する素材からの選択

    技術 打ち出し 回転 マイクロ振動 スクライブ レーザー インクジェット 熱による
    金属 X X X X X X X
    プラスチック X X X X X X X
    X X X X
    X X
    コンクリート X X
    ガラス X X
    セラミック X
    X X
    ゴム X X X
    厚紙 X X X
    繊維 X X
    食品 X
関連したガイド
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...
コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です