The online industrial exhibition

コンクリートミキサーを正しく選択するには

コンクリートミキサーはセメント、砂や砂利などの集合体、水を均等に混合してコンクリートを作る機械です。 回転ドラムを使用して成分を混合します。 小規模な工事の場合、移動式コンクリートミキサーがよく使用されます。建設現場でコンクリートを作ることで、コンクリートが固まる前に使用するのに十分な時間を残します。

コンクリ-トミキサ-を見る

  • どのようにコンクリ-トミキサ-を選定するか?

    IMER Internationalのコンクリ-トミキサ-
    IMER Internationalのコンクリ-トミキサ-

    コンクリートミキサ-はモ-タ-と回転タンク、側面に付いているドラムを傾けるためのハンドルと車台で構成されています。 ドラム内には材料を均等に混合するブレ-ドが付いています。 モ-タ-は電動、燃焼機関、稀ではありますが油圧の場合のあります。

    使用用途に適切なコンクリ-トミキサ-を選ぶには、必要なコンクリ-ト量を決める必要があります。 ドラムの容量は最大80%です。 そのため練り上がり量はドラムの容量の80%です。ドラムの容量と練上がり量を混同しないようにしましょう。

    コンクリ-トミキサ-の使用頻度も考慮に入れましょう。

    • 一時的な使用 (小規模の工事現場)。 一つの工事現場用であれば、60リットルのドラムで大丈夫です。 この場合電動コンクリートミキサ-が最適です。
    • 頻繁な使用 (中規模の工事現場)。 120リットルのドラムであれば十分です。 工事の規模によっては160リットルか190リットルのドラムも使用可能です。 電源のある現場であれば、電動タイプがおすすめです。
    • 定期的また集中的な使用 (大規模また業務用工事現場)。 常にコンクリ-トが必要であれば最低250リットル(必要に応じて決定する)のドラムが必要です。 この場合、電源トラブルを避けるために燃焼機関タイプが適切です。
  • どうして電動コンクリ-トミキサ-を選ぶのか?

    CamelWayの電動コンクリ-トミキサ-
    CamelWayの電動コンクリ-トミキサ-

    電動コンクリートミキサーは、一時的な使用から頻繁な使用まで、中規模の工事現場に向いています。 また500W〜1500Wの電力に対して単相220Vです。 より高い電力には三相380Vです。

    電動コンクリ-トミキサ-の長所は次の通りです:

    • 安価: 購入価格が安い、メンテナンスの必要がほとんどない、オイルやガゾリンがいらない。
    • 外気温に関係なく、起動が早い。
    • 本体がコンパクトなため、屋内でつかいやすい。
    • 燃焼機関タイプのコンクリートミキサ-と比べ軽量で管理しやすい。

    電動コンクリ-トミキサ-の短所は次の通りです:

    • 工事現場に電源が必要。
    • 集中的な使用に不適切。
  • どうして燃焼機関タイプのコンクリ-トミキサ-を選ぶのか?

    SIRL SAのディ-ゼルエンジン式コンクリ-トミキサ-
    SIRL SAのディ-ゼルエンジン式コンクリ-トミキサ-

    燃焼機関タイプのコンクリ-トミキサ-は、ほぼ毎日の使用で大規模な工事現場に向いています。 騒音があり重いですが、長所は次の通りです:

    • 自動式: ガソリンディ-ゼルで動くため電源の必要がない。
    • 大規模な工事現場向き: エンジンは電動モーターよりも強力です。
    • 寿命が長い
    • 移動が簡単: 一般的に空気タイヤを備えているため移動が可能です。

    短所:

    • 重い。
    • 騒音。
    • 時々起動が遅い。
  • コンクリートミキサーの代わりとは?

    Titan Makinaのミキサ-トラック
    Titan Makinaのミキサ-トラック

    コンクリートミキサーの代わりにレンタル/購入できるマシンもあります。 例えばコンクリ-トをできたての状態で受け取ることができます。

    トラックミキサー:

    トラックミキサーは新鮮なコンクリ-トを運搬するのに優れています。 コンクリ-トが入っている回転ドラムは傾いています。 一般的に油圧モータ-ポンプによって生まれる回転は、材料の連続的な混合を可能にし、輸送中のコンクリートの分離を防止します。 トラックミキサーは4m3~10m3のコンクリ-トを運べます。

    各サイズ:

    • 4×2また4×4(最大19t) のサイズで4m3のコンクリート(約9.2t)を運べます
    • 6×4(最大26t)のサイズで5.5m3のコンクリート(約13.2t)を運べます
    • 8×4(最大32t)のサイズで7.5m3のコンクリート(約18t)を運べます
    • 2車軸セミトレーラーの8×4(最大38t)のサイズで10m3のコンクリート(約24t)を運べます

    連続撹拌はコンクリ-トが固まることを防ぐため、輸送にかかる時間を考慮に入れることも大切です。 コンクリ-トの質を守るためにトラックミキサ-内に長時間入れておくことを避けましょう。

    ハンドリング装置付きトラックミキサー:

    一般的なトラックミキサ-と同じ機能を持っていますが、コンクリ-トを出口から流すのではなく、ハンドリング装置でコンクリ-トを流す場所まで送ることができます。 高所や地下などの立ち入りが困難な工事現場に適しています。 10m~16mの距離と8mの高さに対応。

    コンクリ-トポンプ車:

    コンクリ-トポンプ車も、離れた場所や立ち入りが困難な現場にコンクリ-トを送ることができます。 ブ-ムのおかげで、1時間に約20m3から150m3のコンクリ-トを供給しながら、150メートル以上の距離でコンクリートを送ることができます。

    技術別のポンプの種類:

    • ピストンポンプ:ピストンとシリンダーのシステム。ピストンはコンクリートを吸引し、シリンダ-はは材料を排除します。
    • ローターポンプ:回転部分によって確保された柔軟なダクトの粉砕は、ポンピングを活性化させます。

    一部のコンクリートには、どちらか一方のポンプでしか対応できないため、ポンプの種類には注意が必要です。

    AUSAの自動コンクリートミキサー
    AUSAの自動コンクリートミキサー

    自己装填式コンクリートミキサー

    あらかじめ混合されたコンクリ-トを輸送するトラックミキサーとは異なり、自己装填式コンクリートミキサーは、輸送先に着いてから混合し始めます。 コンクリートが乾燥することを避け、良質なコンクリートを製造できます。 また毎回必要な量のコンクリートを正確に生産できるため、より環境に優しく経済的です。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
関連したガイド
コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です