The online industrial exhibition

フライス盤を正しく選択するには

手動フライス盤とも呼ばれる従来のフライス盤は、あらゆる種類の部品を加工できる機械です。 テ-ブルの前移動は、オペレータ-によって手動で制御されています。

手動のフライス盤は、単品加工、小量生産、また部品回収用の工作機械が必要な場合に使用されています。コンピュータによって制御されるCNCフライス盤と比較して非常に経済的です。

フライス盤には様々な固定具があります。 フライス盤の選定ができ次第、工具の取り付けのタイプに応じて工具を購入しましょう。

CNCフライス盤とマシニングセンタは別のガイドで取り上げます。

フライス盤を見る

  • どうフライス盤の選定をするか?

    SPINNERのフライス盤
    SPINNERのフライス盤

    軸数を決めることから始めます。 大半のフライス盤は3軸です。 Z軸と呼ばれる縦軸、X軸と呼ばれる縦軸、およびY軸と呼ばれる横軸があります。

    フライス盤には主に3つのカテゴリ-があります :

    • 立型フライス盤は縦型主軸を備えており、工具はテ-ブル対して垂直に固定されています。
    • 横型フライス盤は水平主軸を備えており、工具はテ-ブルに平行に固定されています。
    • 万能フライス盤は関節式主軸を備えています。

    また加工したい材料に応じたフライス盤の能力を選ぶ必要があります。 フライス盤は、鋼やアルミニウムまたPVCを加工する場合に使用する能力が異なります。工作物へのフライスの侵入深さについても知る必要があります。 低出力のフライス盤を選ぶ場合、一度で済む作業を複数回しなければならない可能性があります。

    また機械加工する部品の寸法と機械加工の全操作を実行するために必要な移動幅によってフライス盤を選ぶ必要があります。 フライス盤の加工能力は、各軸上の可動域(X、Y、Zの移動量)に対応しています。

    選定の基準:

    • 軸数
    • 主軸の方向
    • 出力
    • 移動量X、Y、Z軸
  • 何軸必要か?

    Huracan Maquinariasのフライス盤
    Huracan Maquinariasのフライス盤

    一般的にフライス盤は3軸です。 テ-ブルをフライスに向かって持ち上げられる垂直軸(垂直な主軸を有するフライス盤の場合)と、テ-ブルを縦と横に移動できる2つの水平軸です。

    4軸のフライス盤もあります。 手で部品を置き直すために分解せず、4つ目の軸でテ-ブルを回転し、異なる角度での部品加工を可能にします。

    5軸フライス盤は、主軸の回転軸があるためフライスの迎え角を変えることができます。

  • 縦型か横型か?

    Knuthの横型フライス盤
    Knuthの横型フライス盤

    縦型のフライス盤は主軸が垂直です。 テ-ブルが垂直方向に移動して、回転している工具に部品を移動させることができます。 縦型フライス盤には、穴を開けるためのドリル、穴を正確に校正するためのリーマ、またはタップを装備することもできます。

    横型フライス盤 複数のフライスを並行して置くことができるため、テ-ブル上に同時に溝を掘るために使用されます。 横型フライス盤は、縦型フライス盤よりも切りくずを効率的に排出できます。

  • フライス盤を選ぶ際に考慮すべきその他の点

    KnuthのDRO
    KnuthのDRO

    従来のフライス盤では、テ-ブルを前に動かす場合バーニア(目盛り付きの目盛)に接続されたクランクを回転させ、移動の速度と長さを制御することが可能になっています。 DRO(デジタルリードアウト)は、バーニアの代わりになるデジタルディスプレイです。 DROはフライス盤に最初から付いている場合と、後から追加する場合があります。 この場合、DROにはテ-ブルの動きを測定するリニアセンサを備えています。

    自動フライス盤は、最低1つの軸上でテ-ブルを電動で動かすことができます。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
関連したガイド
コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です