電動ドライバーの選定

電動ドライバーは、ネジを締めたり外したりする電動工具です。 電動ドライバーの頭には、磁化可能なビットホルダーかクイックリリースが装備されています。 ビットホルダーは、ネジ頭のインプリントに対応するチップをすばやくセットアップすることができます。この記事は、ネジ締めとネジ外しの機能だけを備えた電動ドライバーについてのみ説明します。 ドライバードリルとは異なります。

電動ドライバーを見る

  • 電動ドライバーの選定について

    Feinの電動ドライバー
    Feinの電動ドライバー

    電動ドライバーの選択は、用途により異なります。 例えば: 使用頻度が多いか少ないか、建物の内部か外部か、 建設工事か改装工事か、 工場内での使用、 家具の組み立てなど。

    電動ドライバーの使用頻度は、電動ドライバーを選択する上で重要なポイントです。 1日中使用する場合はコード式タイプがおすすめです。 1日2~3時間の使用の場合、追加のバッテリーと充電器を近くに備えて使う「コードレスタイプの電動ドライバー」がおすすめです。連続的な使用である場合、電動ドライバーの使いやすさにも気を配りましょう。

    もう1つの重要なポイントは締付けトルク です。 硬い素材でも 締め付けトルク が強力なほど、ネジ締めは簡単になります。 また、締め付けトルクは電動ドライバーの力に直接関係しており、電源がコード式の場合モーターの電力に依存しています。450ワット(W)から705ワット(W)の 外部の変圧器を通して作動する場合、電源電圧が高いほど、電動ドライバーはより強力です。

    コードレス電動ドライバーの中で、 最も強力なものは3.6Vから18Vです。高電圧であるとバッテリーが長持ちするため、頻繁に充電する必要がありません。

    インパクト電動ドライバー : ネジ締めとネジ外しに使用されています。回転速度は、電動ドライバーを定期的に使用する場合に不可欠な要素です。コード式電動ドライバーは、コードレス電動ドライバーよりも高い回転速度を有します。一般的に電動ドライバーには単一の回転速度しかありません。 コード式電動ドライバーの場合3000から6000rpmで、コードレス電動ドライバーは180から450rpmです。 速度は毎分ストローク数で表示され、その速度は3000〜50000 cps /分です。

    選定の基準:

    • ネジ締めするもの
    • 使用頻度
    • 締め付けトルク
    • 電力
    • 回転速度
  • コード式の電動ドライバーかコードレス電動ドライバーか

    大きく分けて2つのタイプの電動ドライバーがあります: 一般的により強力なコード式タイプと、バッテリーを持つコードレスタイプがあります。

    電動ドライバーの重さも選定に重要な要素の1つです。 同じ力でも、コード式電動ドライバーはコードレス電動ドライバーよりも軽量なので、本体の重さはバッテリーの有無で変わります。

    2種類の電動ドライバー:

    • コード式電動ドライバー
    • コードレス電動ドライバー

     

  • コード式電動ドライバーについて

    Metabowerkeのコード式電動ドライバー
    Metabowerkeのコード式電動ドライバー

    コード式電動ドライバーは頻繁な使用に向いています。 一般的に締め付けトルクが強力で、 バッテリーが無いため軽量です。

    コンセントが電動ドライバーの使用域にある場合に、コード式が使えます。制限された区域や機械組立工場での作業場に特に適しています。

    ただし、コードの長さにより使用領域が制御されたり、コードが通路を横断する場合事故のリスクにつながる可能性があります。

    コード式ポータブル電動ドライバーは、一般的に単相電源で動作するように設計されています。 組立作業場用の電動ドライバーには、制御ボックスから直流32Vまたは40Vの電気が供給されています。

  • どうしてコードレスドライバーを選ぶのか?

    Boschのコードレス電動ドライバー
    Boschのコードレス電動ドライバー

    コードレスタイプの電動ドライバーは、どのタイプの環境でも使用できます。 充電式電動ドライバーは、電源のない場所でも使用できるため便利です。 ただしバッテリーの残量や寿命に制限されています

    コードレスドライバーは、移動しながら作業が出来ることで、特に家具の組み立てに適しています。また石膏ボードの固定や部品の分解や組み立てにも広く使用されています。 ただし、ねじ込みに必要なトルクを保証するために、バッテリーの電力は十分でなければなりません。 少なくとも1つスペアバッテリを用意して、バテッテリー使用可能時間の減少による作業停止のリスクを避けることをお勧めします。

    ポータブル電動ドライバーの場合バッテリーを含めた重量を考慮に入れることが重要です。強力なドライバーの場合およそ2kgです。コードレスドライバーにはリチウムイオン電池が装備されています。 このバッテリーは、現在最高の機能を提供するバッテリーで、他のタイプのバッテリーよりも軽く電池が長持ちします。 電池の強度が高いほど、その自律性は大きくなります。 電動ドライバーのバッテリーは一般的に1.5 Ah(アンペア時)未満のバッテリー、1.5〜2 Ahのバッテリー、2 Ah以上のバッテリーの3種類があります。

    コードレス電動ドライバーの特徴:

    • 電力はボルトアンペア(VA)で表されます。 バッテリーが強力であればあるほど、自律性が増し、締め付けトルクが高くなります。
    • ドライバーの電圧が高いほどトルクは大きくなることから、電圧は締め付けトルクの大きさを示します。
    • アンペアアワーの強度はバッテリーの寿命の指標となります。伝達されるアンペアアワーの強度が高いほど、バッテリーの寿命は長くなります。
  • どのモデルの電動ドライバーを選ぶか?

    電動ドライバーは、大きく分けて3つのタイプから選べます:

    • スクリュー軸に本体があるストレート電動ドライバー。 このモデルの電動ドライバーは、例えばローラーシステムから吊り下げられ、ねじ締めの方向が上から下になる作業に適しています。 自動化された作業場の、デジタル制御で動作するように設計されているものもあります。
    • ピストルタイプのドライバーは、持ちやすいように曲がった形をしています。
    • 直角タイプのドライバーは、狭い場所にあるねじにも到達できます。

     

    ドライバーのモデル

    • ストレートタイプの電動ドライバー
    • ピストル型の電動ドライバー
    • 直角電動ドライバー

     

  • どのオプションが利用可能か?

    電動ドライバーにはトルク制御機能が装備されています。 トルク制御機能は、あらかじめ定められたトルクに達すると、ねじ込みの終わりに達したか、またはねじが塞がれていることを理由に自動停止することで、オペレーターにトルクを伝達することを回避できます。

    このシステムは機械式また電子式でもあります。最先端のドライバーは、外部システムに接続された電子設定を組み込んでおり、非常に細かい調整が可能です。 一方で最も安価なドライバーは、締付けトルクと速度の機械的調整のみの機能を持っており、 調整機能を全く持たないドライバーも存在します。

    発光ダイオード(LED)を備えたドライバーもあり、そのお蔭で薄暗い作業場でねじ頭に先端を置くことができます。

    オプション:

    • トルク調整
    • 照明

     

関連したガイド
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...
コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です