産業製品のオンライン見本市

産業用キーボーを正しく選定するには?

オフィス用途に加えて、産業用キーボードはHMI端末、IoT(モノのインタ-ネット)、POSデバイス、キオスク、医療用トロリーやモバイルサポートでより一般的になりつつあります。
これらのキーボードは、極端な条件下での操作用に設計されています。
オープンスペースで使用されているキーボードの中には、「破壊行防止」のものがあります。危険な産業環境で使用されるキ-ボ-ドは、衝撃や爆発に耐えられるように「強化」されています。堅牢な構造で、水、埃、汚れ、油、化学物質から保護されています。産業用洗剤や化学薬品で汚れを落とせます。
産業用キーボードのもう1つの特徴は、オープンフレームや内蔵型、パネルマウント、ラックマウントなどのタイプがあるため、使用環境に適したキ-ボ-ドを選ぶことができます。

キーボードを見る

  • キーボードをどう選択するか?

    キーボードの選択は、その使用用途から決めることができます:

    • キ-の数: 数字か文字かファンクションキー(F1、F2)のどれが必要かを決めます。 一般的なキ-ボドは101から102のキ-数ですが、24キ-から128キーのキ-ボ-ドもあります。
    • 取り付け方法:色々な取り付けの仕方があります: VESA&AMPSマウント、前面パネル上、ラック上など。
    • 必要な保護: バンダルプルーフ防止防水、爆発防止、 電磁界対応など。
    • 希望のポインティングデバイス : トラックボールタッチパッド、ポインティングボタンまた ジョイスティックなどがあります。
  • 産業用キーボードの取り付けタイプの種類?

    デスクトップタイプ: オフィス用です。 デスクトップキーボードには、キーボードの表面をオペレータ-の方向へ傾けるために、傾いたケ-スや折りたたみ式の脚がついています。

    パネルタイプ: インストルメントパネルや機器の上面と前面、また機械のコントロールパネルなどに簡単に設置するための内蔵型キーボードです。

    ラックマウント: 棚用に最適化されたキーパッドにより、1つのワークステーションからビデオ、キーボード、およびタッチパッド機能にアクセスし、1つ以上のサーバーを管理します。

    OEMタイプ: このフレームとケ-スが無いタイプは、機械やキオスクに設置することを目的としています。

  • 産業用キーボードにどのポインティングデバイスを選択するか?

    キーボードには、マウスに代わる内蔵ポインティングデバイスを取り付けることができます。

    • トラックボール :より正確なカーソル制御を可能にし、右利きと左利きの両方のユーザーが使用できます。 トラックボールには人間工学的であるという利点もあります。
    • タッチパッド:表面上の指先をドラッグするだけでカーソルを動かすことができます。
    • 力検出抵抗器(FSR):この力検出ポインティングデバイスは、可変抵抗でセンサーのセルにかかる圧力を測定します。 この技術は、薄く柔軟なキ-ボ-ドに使用できます。
    • ジョイスティック :可動部分(ジョイスティックまたボタン)を傾けることで、カーソルの動きを制御します。 用途に応じて、ジョイスティックは単軸また多軸で利用できます。
  • キーボードの保護規格は何か?

    優れた産業用キーボードは、安全基準を満たしていなければなりません:

    • ヴァンダリズム防止: とでも堅牢で、ほとんど破壊されず、スチール製で防水性であることが多いこのキーボードは、屋外での使用、例えば一般向けのキオスクや端末で使用されています。
    • IP規格: 保護等級を選択するには、フィールド条件、環境を理解する必要があります。 最初の数字は固体に対する保護を示し、2番目の数字は水/液体に対する保護を示します。 産業用キーボードは通常IP65またIP68です。
    • IK規格: IKコ-ドはジュ-ルで表される耐衝撃等級を意味します。 特定の高さから特定の重さの質量が落下するのと同じ意味です。 例えば、xx = 01 =>材料は0.15ジュールの衝撃エネルギー(10cmの高さから150gの質量の落下に相当する衝撃)に対して保護されています。
    • ATEX規格: 爆発の危険にさらされている環境で働く人々の保護に関連しています。 爆発の恐れがある環境で使用するためのATEX規格に準拠した産業用キーボードがあります。
    • MIL-STD-810G/Fは堅牢性を示すアメリカ規格です。 この規格は米軍向けに開発されたもので、現在は環境条件に対する製品の適合性を示すために商業に使用されています。
    • MIL-461規格も米軍からのものであり、電磁適合性を示しています。
  • 産業用キーボードにどのコネクタを選ぶべきか?

    コネクタは、データの伝送を可能にする物理的接続や電気的接続を意味します。

    • PS2 (Personal System/2): USBの前にキーボードやマウスを接続するために使用されていたコネクタです。 パソコンを起動する前にデバイスを接続しなければ、キーボード/マウスは機能しません。
    • USB :最も普及しているコネクタです。 接続機器にUSBは使用されています。
    • ワイヤレス: 主な技術は2つあります。Wi-Fiとして知られているIEEE 802.11規格とUSBポートに接続されている受信機を介してBluetoothで動作するキ-ボ-ドです。
    • ATA /シリアル(またはSATA):この規格と互換性のあるデバイス(ハードドライブ、DVDプレーヤーなど)をマザーボードに接続します。 データ転送フォーマットとケーブルフォーマットを指定します。
    • CANbus:多数のコンピュータを同じケーブル(バス)に接続し、順番に通信することで構成されるマルチプレキシングと呼ばれる方法で、ケーブルが多くなり過ぎることを防ぎます。 CAN(Controller Area Network)データバスは、自動車業界を含む多くの業界で人気のあるシリアルバスシステムです。

    コネクタの選択は、キーボードを接続するコンピュータや端末と利用可能なポートによって異なります。

  • キーの種類とキーボードの技術をどう選ぶか?

    メカニカルキーキーボード:キーを押すと、プロセッサ-に信号を送信するスイッチが作動します。

    • 長所:スピード、使いやすさ、故障時の個別交換可能なキー。
    • 短所:メンブレンキーパッドよりも値段が高くノイズが多い。

    メンブレンキーボード: ポリエステル製の複数の層で構成されています。 このキーボードは目に見える層と、銀や導電性カーボンのシルクスクリーンで作られた回路を含む目に見えない層を持っています。 メンブレンキーボードは、触感を生み出すために金属製ド-ムやタッチドームを用いて平ら(単純で経済的)にすることができます。

    • 利点:簡単なキーボードのカスタマイズ、メカニカルキーボードよりも安価。
    • 短所:メカニカルキーボードより寿命が短く遅い。

    タッチスクリーンキーボード:静電容量方式の「接触」(指の接触による電磁界の変化に反応)は、抵抗タッチ(指で押すと接触して電流が循環するときに接触する2つの層)とは区別されます。 静電容量式タッチの短所は手袋が使用できず素手でキーを押す点です。

    「圧電キーボード」:水晶やロッシェル塩などの特定の水晶に電荷を与え機械的負荷をかけます。

    • 利点:非常に堅牢で水回りで使用でき、寿命が長い。

    技術:

    • メカニカルキー
    • メンブラン
    • 静電容量方式
    • 抵抗性
    • 圧電素子
  • その他のオプション

    取り付けの種類、ポインティングデバイス、コネクタを含む用途に最適な産業用キーボードを選択するには、その他のオプションも検討しなければなりません:

関連したガイド
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...
コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です