ファンを正しく選定する

ファンは、機械的エネルギーを伝達することによって空気また圧縮性流体(ガス)を移動させるターボ機械です。主にファンは建物の空気を換気したり、有害な放出物(煙、臭い、蒸気など)を排出するために、換気や空調システムで使用されます。通常小型ファンは、電子機器を冷却するために使用されます。
ファンには主に軸流ファンと遠心ファンの2つのタイプがあります。ファンの選択は、空気を循環させる能力と騒音レベルの2つから決定できます。

ファンを見る

  • どのように産業用ファンを選べば良いか?

    Elektror airsystemsのファン
    Elektror airsystemsのファン

    産業用ファンは様々な用途に利用でき、その種類も豊富です:

    -内蔵型ファン-ダクテッドファン

    -携帯型ファン

    -電気キャビネット用ファン

    -その他

    ファンを選定する際に、まず最初に決めることはファンのタイプです。空気の流れ方による分類は、主に軸流ファンと遠心ファンです。 軸流ファンは低過圧で高風量を提供し、通風抵抗が小さい機器に適していますが、遠心ファンは通風抵抗の大きい機器に適しています。 軸流ファンは遠心ファンと比べコンパクトですが、より騒音化しやすいです。

    ファンは、特定の圧力で決められた量の空気(またはガス)を供給するように選択されます。 一般的にメーカーが記載している風量からファンのサイズを決定できます。 軸流ファンが回路(換気網やバーナーの給気など)に接続されてる場合に選定が困難になる場合があります。

    ファンによって供給される空気の流れは、ファン自体の特徴にもよりますが、回路の圧力損失からも影響を受けます。 回路の風量/静圧曲線と風量/静圧損失曲線を見ると、ファンの動作点は2つの曲線の交点になります。多くのファンが常温下で空気を送る中で、特別な温度や環境下で動作することができるモデルもあります。 炉内循環ファンがその例です。 各用途に適したモデルを選ぶことが大切です。

  • どうして軸流ファンを選ぶのか?

    NEU AIR MOVING TECHNOLOGIESの軸流ファン
    NEU AIR MOVING TECHNOLOGIESの軸流ファン

    軸流ファンは、モーターによって軸上で回転するプロペラから構成されています。 そのため回転軸に平行な空気の流れとなります。

    高風量ですが、上流と下流の間の圧力の増加がわずかです。 過剰圧力が低いため、軸流ファンは圧力損失がほとんどない短い回路にのみ適応しています。壁用のファンがその例です。

    一般的に軸流ファンには、2〜60枚の羽根がついていて、 その効率は40%~90%です。このタイプのファンは、大規模なスペ-スの空気の循環や壁を通じた室内の換気、およびダクト工事に使用されます。遠心ファンと比較して、軸流ファンはかさばらず値段も安いですが、低騒音があります。

    メリット:

    • 高風量
    • シンプルな構造
    • 遠心ファンよりもコンパクトで、値段が安い

     

  • どうして遠心ファンを選ぶのか?

    ECOFITのラジアルファン
    ECOFITのラジアルファン

    遠心ファン (またラジアルファン)は、ホイールに取り付けられた固定子内で回転するモータ-によって駆動する羽根を搭載しています。 この固定子には2つの開口部があります: 1つ目の開口部は、真空によりホイールの中央部分に空気を供給し、遠心効果によって2つ目の開口部は空気を周囲に吹き付けます。

    遠心ファンには2つのタイプがあります:前方に傾斜している羽根 を持つタイプと後方に傾斜している羽根を持つタイプです。 前方に傾斜している羽根のファンには、「かご型」のホイールと32〜42枚の羽根がついています。 その効率は60%~75%です。 後方に傾斜した羽根のファンは75%~85%の効率を持ち、6~16枚の羽根を持ちます。

    過圧が軸流ファンより大きいため長い回路に適しています。また 騒音も静かです。 しかし軸流ファンより大きく高価格です。

    メリット:

    • 中風量から高風量
    • 圧力が高い
    • 長い回路向け
    • 軸流ファンよりも静か
  • どのように電子機器用ファンを選択するか?

    SANYO DENKIのファン
    SANYO DENKIのファン

    電子機器用ファンは、コンパクトで合理化されたファンであり、標準的な電源のサイズと電圧(ACまたDC)であるためハウジングへの組み込みが簡単です。主にハウジング内の電子部品によって生成された熱を排出するために使用されます。

    電子機器用ファンは以下の条件から選定します :

    • 風量
    • サイズ
    • ハウジングで利用可能な供給電圧

    電子機器用ファンは、コンパクトさを理由に軸流タイプが主流ですが、より大きな流れを提供できる遠心タイプや斜流タイプも存在します。

  • どのように電気キャビネット用ファンを選択するか?

    Lohmeier Schaltschrank Systemeの電気キャビネット用ファン
    Lohmeier Schaltschrank Systemeの電気キャビネット用ファン

    電気キャビネット用ファンは電子機器の温度を調節するために、キャビネット内に新鮮な空気を送ることを可能にします。 わずかな過圧を作り出すことによって、埃がキャビネット内に入ることを防ぎます。

    一般的にこのタイプのファンは、キャビネットのドアや壁上に取り付けられ、換気グリルに組み込まれています。 キャビネット上に取り付けられるモデルもあり、ほこりの侵入を防ぐためのフィルターを備えています。

    電気キャビネット用ファンは以下の条件から選定します :

    • 風量
    • キャビネットから供給されるモーターの供給電圧
    • フィルターの効率
関連したガイド
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...
コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です