The online industrial exhibition

油圧パワ-ユニットを正しく選定するには?

油圧機械の中で油圧パワ-ユニットは、ネットワークや油圧システムに決められた流量でオイル供給をするための油圧部品のセットです。主にモーター、タンク、油圧ポンプで構成されており、全てのシリンダーや油圧モーターを駆動するために膨大な量の電力を生み出すことができます。

油圧パワ-ユニットを見る

  • どのように油圧パワ-ユニットを選択するか?

    Holmatroの油圧パワ-ユニット
    Holmatroの油圧パワ-ユニット

    油圧パワ-ユニットを正しく選択するには、必要な流量と圧力に応じて公称出力をバールで定義することから始めることが重要です。

    • 公称出力 [TB1] 公称: ワット(W)またキロワット(kW)で表記されており、油圧ポンプを駆動するモ-タ-の出力です。
    • 公称流量: リットル毎秒(l/s)またリットル毎分(/min)で表記されており、ポンプが一定時間内に回路内に送れる液体の量に対応します。
    • 公称圧力: パスカル(Pa)またバールで表され、油圧パワ-ユニットが耐えられる応力に対応し、モ-タ-の力に依存します。

    次の用途に使用するための余分な出力は油圧ユニットを損傷させる可能性があります。そのため出力の決定は重要です。 一方で油圧ユニットが十分に強力でないと、機器は正常に動きません。 タンクの容量は、必要な流量と使用率に応じて油圧回路全体に供給するのに十分でなければならないため、タンクの寸法にも注意する必要があります。

    用途に応じて(継続的または断続的に)油圧ユニットを選択することも重要です。 メ-カ-が提示する使用率を超えて動作させると、加熱、油圧作動油の蒸発、エンジンの損傷を引き起こす可能性があります。 DIN VDE 0530では、稼働率を次のように定義しています。

    • S1:連続運転
    • S2:加熱がほとんどまた全く発生しない短時間運転(負荷に応じての運転時間)。
    • S3:加熱を制御できる間欠運転(10分間隔の運転時間)。

    利用可能なエネルギー源に応じて、動力のタイプを選択する必要があります。電気モ-タ-、燃焼機関、また空圧モーターなどがあります。

    最後に油圧ユニットを使用する条件に応じて、必要なオプションを決定しましょう。 例えばマイナスの温度下で動作させる必要がある場合は、オイルを予熱する必要があります。

  • 油圧ユニットの電源をどのように選ぶか?

    Tools Srlの油圧パワ-ユニット 
    Tools Srlの油圧パワ-ユニット 

    油圧ユニットは、油圧ポンプを駆動するためのモーターを内蔵しています。 このモーターは通常電気また熱式ですが、既存の回路からより高圧の油圧回路を得るために、空気圧また油圧モーターを装備した油圧ユニットもあります。

    電気モ-タ-: 交流(AC)また直流(DC)で動く電気モーターを備えた油圧ユニットがあります。 DCモーターは主に車両に搭載されている油圧ユニット(商用車やフォークリフトなど)に使用され、バッテリーで駆動されますがACモーターはアトリエや工場で使用されます。

    燃焼機関:電源がなく屋外で使用する場合は、ガソリン、ディーゼル、またガスエンジンを動力源とする油圧ユニットが選択できます。 熱機関は広範囲のニーズをカバーできます。 例えば単気筒ガソリンエンジンは4CV(約3kW)、ディーゼルまたガスで100CV(約73kW)を超えるエンジンがあります。

    空気圧モータ-:空圧回路がある場合、空圧モーター付きの油圧ユニットを使用することを検討できます。約1〜400の圧力比を取得できます。 油圧ユニットが爆発性のある環境で作動しなければならない場合に最適です。

  • 油圧ユニットの寸法の選択

    DOA Hydraulic Toolsの油圧パワ-ユニット 
    DOA Hydraulic Toolsの油圧パワ-ユニット 

    油圧ユニットは3つの広いカテゴリ-に分類されます:

    • マイクロ油圧ユニット:一般に5リットル/分(リットル/分)の最大流量および250バールまで上昇する最大圧力を有します。マイクロユニットは、小型の自動車に搭載することを目的としたコンパクトユニットです。通常800ワットのDC電気モーターを装備しています。
    • 小型油圧パワ-ユニット : 一般に最大流速30リットル/分および最大圧力250〜350バ-ルを有します。 固定式や「可動式」のように車輪付きのシャーシに取り付けることもできます。 通常5.5 kWの単相電動機が装備されています。
    • 標準油圧ユニット: 一般的に250〜700の作動圧力に制限されていますが、多くのニーズに対応するために100l/minの最大流量と4500バ-ルの最大圧力を有します 。 シャーシに車輪が装備されている場合とパレットトラックでシャーシを取り扱う場合は移動可能、またより大きな油圧ユニットの場合は固定式です。 最も強力な油圧ユニットはディーゼルエンジンを装備しています。
  • 油圧ユニットの用途は?

    油圧ユニットは油圧装置と回路の中心的存在です。 例えば、重い物の持ち上げや強力で方向性のある力の繰り返しを必要とする全ての用途に使用できます。また以下のようなジャッキを備えた機器と共に使用できます:

    • リフト
    • 廃棄物コンパクター
    • パンタグラフ昇降装置
    • 安全ドア
    • トラクター搭載ショベル
    • フォ-クリフト
    • ホイスト
    • 高所作業車
    • 林業クレーン
  • 知っておくべきその他の特徴は?

    油圧ユニットの性能と寿命を向上させるためには、オイルを適切に冷却する必要があります。 例えば、空気冷却器を濾過装置の近くに設置し、オイルを油圧ユニットの動作温度範囲内に保つことができます。

    また油圧ユニットの始動時にオイルを加熱する必要がある場合もあります。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
関連したガイド
コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です