The online industrial exhibition

ドリルを正しく選択する

ドリルは金属や木また他の素材を穿孔する機械です。 ドリルは穿孔工具を使用し、素材をその先端で切断することによって機能します。 切削工具はチャックやモールステーパーによってドリルに固定されています。

この購入ガイドは工事現場や作業場用のドリルを紹介しており、ボール盤に関する情報はありません。

 

ドリルを見る

  • ドリルをどう選ぶか?

    ドリルには主に3タイプあります:電動ドリル (コ-ド式かコ-ドレス)、垂直ドリル、そして磁気ドリルです。 穴をあける条件に応じた適切なドリルを選択しましょう。

    まず穴をあける素材によっては、穴の直径と深さが同じではありません。 多くのメ-カ-は、穴の最大直径と深さを表示しています。

    ドリルの力も考慮に入れる必要があります。 ドリルが強力であるほど、コンクリートなどの最も硬い素材を貫通しやすくなります。

    速度はドリルの力に依存します。 一部の材料(金属など)は、速度が速すぎるとドリルビットを損傷します。 そのため金属には、電子速度制御ドリルを使用することをお勧めします。

    コ-ドレス電動ドリルの場合は、ドリルの電圧に注意しましょう。 バッテリーの電圧が高いほど、ドリルは強力です。

    重要なポイント:

    • の直径と深さ
    • 穴をあける素材
    • ドリルの力
    • バッテリーの電圧
  • どのように電動ドリルを選定するか?

    Metabowerkeの電動ドライバー
    Metabowerkeの電動ドライバー

    電動ドライバーは、最も使用されているドライバ-です。 扱いやすくコンパクト軽量な電動ドライバ-は、コ-ド式とコ-ドレス の2つのタイプがあります。

    その名の通り、コ-ド式タイプは電源につながなければいけません。 通常500ワット〜1300ワットの電力で、あらゆるタイプの素材を貫通するのに 十分な力を備えています。 バッテリ-の残量を気にする必要がないため、長時間で連続的な利用が可能です。 ただしこのタイプのドリルは、通常コードレスドリルより 重いです。 そのため扱いにくくあまり実用的でなくなり、さらにケーブルの長さによって使用場所が制限されます。

    その一方でワイヤレドリルは、ケーブ式ドリルよりも軽量扱いやすく、さらにコンパクトです。 そのためより快適な作業が可能になり、場所を問わず利用できます。 さらにこのタイプのドリルは、コ-ド式ドリルよりも安価です。 ただし、コードレスドリルにはバッテリ-による使用制限があり、 またコード付きドリルの方が強力です。 コードレスドリルの電力は、バッテリーの電圧と強度に依存します。

    特に硬い素材を貫通できる打撃を加えられる電動ドリルもあります。 多くのワイヤー式ドリルは、この打撃モードを備えています。 打撃タイプのコードレスドリルを見つけることもできますが、バッテリ-の寿命は短いです。

  • どのように垂直ドリルを選定するか?

    Knuth Machine Toolsの垂直ドリル
    Knuth Machine Toolsの垂直ドリル

    垂直ドリルは作業場内で主に利用されています。 強力であり正確厚くて硬い素材にきれいな穴を作ります。 穴は垂直方向にあけられます。 最も強力な垂直ドリルは、直径30mmまでの穴をあけることができます。

    垂直ドリルにはに2種類あります:

    • 卓上ドリル。 正確に木製や金属製の小さな部品を貫通させることができます。
    • 固定ドリルは床上に置かれ、非常に強力で大きな部品を貫通させます。

    どのために垂直ドリルは用途に合わせて選択しましょう。 電動ドリルと同様に、ドリルの力に気をつけましょう。 また貫通できる素材のサイズを決める台とチャックの間の距離を設定する必要があります。 一部のモデルでは台とチャック間の距離を調整できるため、穴あけする素材のサイズをより柔軟に調整できます。

    もう一つの大切なポイントは、使いやすさです。 より快適に作業をするために、チャックの降下が簡単な長めのバ-のドリルを購入することをおすすめします。 種類によってはチャックの下降をより簡単に、流動的に、正確にするハンドルを備えています。

    垂直ドリルは単相また三相モーターを備えています。 三相タイプは、単相タイプよりも大きな抵抗を受ける可能性があります。

    そして緊急スイッチや貫通させる部品をブロックするためのクランプバイスなどを用意するなど、安全面にも気をつけましょう。 事故を防ぐためのこれらの重要なツールは、別途で購入することができます。

  • どのように磁気ドリルを選定するか?

    Nitto Kohkiの磁気ドリル
    Nitto Kohkiの磁気ドリル

    磁気ドリルは、通常金属構造物の建設作業に使用される特殊なタイプのドリルです。

    通常のドリルとは異なり、床や卓上には取り付けられません。
    磁気ベースにより、ドリルをあらゆる金属面に固定することができます。

    穴をあける際の精度と流動性を向上させる長めのバ-やハンドルを備えたドリルを選択することをお勧めします。

  • チャックをどう選ぶか?

    FEINのチャック
    FEINのチャック

    チャックとは、電動ドリルに切削工具を付けるための器具であり、 ドリルに最も重要な部品です。 その直径は、ドリルの穿孔能力をおおよそ決定します。

    主に3種類のチャックが存在します:

    • キ-タイプドリルチャックは、キーを使って締めます。 このタイプの締め付けは、最も強力で確実です。 本来のチャックであれば、直径は10mmまた13 mmです。 直径が大きいほど、穴あけ能力が高いです。
    • 自己締付けドリルチャック: 手できつく締められ、芯またドリルを非常に速く変えることができます。 工具の付け替えが簡単なため、作業が効率化されます。 このタイプのチャックは、電動ドリル(コードレスとコード付き)専用です。 直径は10mmまた13 mmです。 一方で締め付けは、従来のチャックの方が強力で信頼性が低いです。
    • SDSチャック:工具を非常に速く変更でき、道具なしで工具を変えることができます。 ドリルまたビットは、尾部に溝があるチャックに直接かみ合わさっています。 SDSチャックは、最も硬い素材にかかる打撃力を弱めるためにも使用されています。
  • ドリルを選定する際のその他の必要事項

    Milwaukeeのドリル
    Milwaukeeのドリル

    ドリルには、効率や安全性を向上させ、その使用を簡単にする他の機能があります。

    一部の電動ドリル(コ-ド付き/コ-ドレス)はアングルドリルです。 部屋の隅のような届きにくい場所での使用に特に適しています。チャックの中心がずれているため、通常の電動ドリルが使えない場所で、アングルドリルは穴をあけたりネジの締め付けや取り外しができます。最も高価なアングルドリルのチャックの角度は、必要に応じて変えることができます。

    またクラッチ付きのドリルを購入することもできます。 ビットやドリルが素材内で動かなくなった場合、クラッチが自動的にチャックをドリル部分から分離します。 そのため、この安全装置はトルクの戻りを低減しながら、ブロック時にドリルを保護します。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
関連したガイド
コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です